トップ > Japan P&I News JP

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

Japan P&I News >> 記事詳細

2015/10/05

No.774 イエメン-最新状況

| by:国際部 編集用

印刷用:No.774(J)

No.774

2015年10月5日

 

外航組合員各位

 

イエメン-最新状況

 

GAC (Yemen) Ltdより、イエメン港湾状況に関して以下の情報を受領しましたのでご案内申し上げます。

 

1.Hodeidah港

同港の封鎖は解除され、8月27日より通常稼働している。

 

2.Saleef港

同港の封鎖は解除され、8月22日より通常稼働している。

 

3.Mokha港

同港の封鎖は解除され、9月11日より通常稼働している。

 

4.RasIsa港

同港SaferMarine Terminalは6月21日以降依然として閉鎖されている。

 

5.イエメン領海への入域

イエメン諸港へ寄港する船舶は現地代理店又は受荷主を通じて運輸省から入港許可を取得しなければならない。イエメン諸港に寄港する全船に対して寄港前強制検査を実施するようイエメン政府からサウジアラビア主導の連合軍に対して正式要請が出されている。現在、入港許可を取得していなかったために数隻の船舶がサウジアラビア主導の連合軍により拘留されている。イエメン領海入域前にはサウジアラビア主導の連合軍の検査が必要となるので注意する必要がある。入港許可取得には添付フォームに必要事項を記入しE-mail(E-mail address: Yemen.transport@gmail.com)で運輸省に送付する必要がある。その後、Bab Al-Mandab海峡到着時にVHF( Channel 16)でサウジアラビア主導の連合軍に連絡し検査を受けることになる。

 

イエメン寄港予定の場合には現地代理店等に最新状況並びに入港手続きをご確認の上、不要なトラブルに巻き込まれることのないようご注意下さい。

 

以上

 

日本船主責任相互保険組合

 

添付:入港申請フォーム


13:38