Japan P&I Clubについて

国際P&Iグループ

Japan P&I Clubと国際P&Iグループ

世界でも主要な海運国である日本において、1950年に制定された船主相互保険組合法に基づき、当組合は本邦唯一のP&Iクラブとして設立されました。設立当初、加入船社は日本国内のみでしたが、現在ではアジア諸国の船主も加入する国際的なP&Iクラブとなっています。

一方、国際P&Iグループの歴史は、1899年にまで遡ります。当時、英国を中心とした6つのP&IクラブによりロンドンP&Iグループが形成されたのが始まりです。現在は、当組合を含む世界の主要な13のP&Iクラブが国際P&Iグループ(IG)を形成し、世界の外航船の船腹量の9割以上の保険を引き受けています。この13のクラブは、それぞれ独立した相互保険組合であり、営業面では競合状態にありますが、船主の責任が複雑化および高額化傾向にあるなか、IGとして協力しながら、各種問題に対応しています。

IGの機能の一つとして、各クラブやメンバーの懸案事項についての情報交換の場の提供が挙げられます。この情報交換の場は主に委員会の形式を取りますが、当組合は組合員の皆さまの声が届けられるよう委員会への積極的な参加を心掛けています。

当組合も重要な役割を果たしているIGの精神は、メンバーに対し適切なサービスを提供していくことにあります。それには、すべてのメンバーが日々直面する問題への解決策を模索することが含まれます。たとえば、海上労働条約で要求された金銭上の保証に対する保険といった、通常のP&I保険カバーの範囲に入らないものに対しても、IGは加入船舶の運航に支障が出ないよう積極的にメンバーに解決策を提供するよう努力しています。

2022保険年度国際P&Iグループ(IG)再保険スキームについて

1. IG再保険スキームとは

IG再保険スキームはIGの持つ主要な機能の一つであり、同スキームにより低廉なコストで高額な補償を提供することが可能になっています。当組合もIGのメンバーとしてIG再保険スキームに参加しています。

2. IG再保険スキームの仕組み

2022保険年度のIG再保険スキームの基本構造は以下の図のとおりです。

国際PIグループ再保険プログラム
  1. USD1千万まで
    クラブ保有額と称し、各クラブの自己負担となります。
  2. USD1千万からUSD1億まで
    プールと称し、IG加盟13クラブが各々の分担率に基づき分担します。なお、プール部分のうちUSD3千万からUSD1億まではHydraというIGクラブが出資して設立した自家保険会社に出再しています。
  3. USD1億からUSD21億まで

    Lloyd’sを中心とする再保険マーケットで再保険を購入しています。(図中の*、**および***は、Private Placementと呼ばれる複数年契約定額再保険です。)1st Layerから4th Layerに分かれており、Layerごとに参加している再保険会社が異なります。
    なお、1st Layerのうち、70%はマーケット再保険者に出再、同再保険カバーにはUSD1億の年間免責金額が設定されています。同免責金額を超過するまではマーケット再保険者ではなくHydraでカバーします。

    また、悪意のあるサイバー攻撃、新型コロナウイルス、その他新型の感染症に起因する損害については、合計USD21.5億の年間累積回収限度額が設定されています(図中の****)。

    2nd Layer:
    年間累積回収限度額USD8億(油濁クレームとその他P&Iクレームに対し、それぞれ年間でUSD4億の限度額あり)
    3rd Layer:
    年間累積回収限度額USD7.5億(油濁クレームは1事故あたり最大USD2.5億)
    4th Layer:
    年間累積回収限度額USD6億
  4. USD21億から約USD89億4千万まで
    オーバースピルと称し、IG全クラブメンバーで分担し、その資金は各クラブがメンバーに請求する分担金(オーバースピル保険料)により賄われます。なお、オーバースピルのうち、USD21億からUSD31億の部分については再保険マーケットで購入した再保険で賄われます。

なお、油濁損害についてはUSD10億、船客についての責任はUSD20億、船客と船員についての責任の場合はUSD30億の上限が設定されています。

3. IG再保険料率

IG再保険料はIGクラブに加入している全組合員にご負担いただいております。IGでは毎年再保険者との交渉により決定した再保険料総額に基づき船種ごとの再保険料率を算定し発表しています。

2022保険年度および前保険年度(2021保険年度)の再保険料率は以下のとおりです。

船種 2022保険年度
再保険料率(USD/GT)
対前年比
増減率(%)
2021保険年度
再保険料率(USD/GT)
Dry Cargo Vessels 0.5639 +40.0% 0.4028
Fully Cellular Containerships 0.6586 +55.0% 0.4249
Persistent Oil Tankers 0.6469 +15.0% 0.5625
Clean Tankers 0.3666 +40.0% 0.2619
Passenger Vessels 3.8677 +18.6% 3.2624