トップ > Japan P&I News JP

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

Japan P&I News >> 記事詳細

2010/06/10

No.582 アジア型マイマイガ (Asian Gypsy Moth: AGM) 不在証明について(続報)

| by:sysadmin
No.582
2010年06月10日


アジア型マイマイガ (Asian Gypsy Moth: AGM) 不在証明について(続報)



掲題に関する2010年5月31日付Japan P & I News No.581をご参照願います。昨年まではハイリスク期間中の日本におけるハイリスク地域には10港が指定され、AGM不在証明書の取得が必要とされたのは10港に限られていましたが、本年のハイリスク地域は日本全域に拡大されています。日本全域および中国、韓国、極東ロシアに寄港した船舶が米国およびカナダへ入港の際には、AGM不在証明書を取得していない場合には沖合検査等が求められることとなりますので、ご注意願います。同証明書を発行する検査機関も増えておりますので、円滑な入港のためには同証明書の取得をお勧めいたします。

詳細につきましては米国農務省(USDA)の「Special Procedures for Suspect Asian Gypsy Moth(AGM) ships」およびカナダ食品検査局(CFIA)の「Asian Gypsy Moth (Lymantria Despar L.) -Plant Protection Policy for Marine Vessels」を当組合ホームページへ掲載しましたので、併せてご覧願います。

また、USDAおよびCFIAのホームページを以下のとおりご案内いたします。

USDAのホームページ
http://www.usda.gov/wps/portal/usda/usdahome

CFIAのホームページ
http://www.inspection.gc.ca/english/toce.shtml

以上

<日本船主責任相互保険組合>

添付ファイル:No.582attachment 1.pdf
添付ファイル:No.582attachment 2.pdf
09:00