トップ > 関連 Japan P&I News

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

関連Japan P&I News

 
関連 Japan P&I News >> 記事詳細

2018/01/31

Japan P&I News No.940 中国海域の航行警報No.64

| by:ロスプリベンション推進部編集用
印刷用:No.940(J)
No.940
2018年1月31日

外航組合員各位  

中国海域の航行警報No.64 

中国、上海の弁護士事務所Sloma & Co.より最近の中国海域航行警報を入手しましたので、下記の当組合試訳とともにご参考に供します。当該海域を航行する各船舶のご安航をお祈りいたします。

 



試 訳

1. BZ13-1S-5D油田における油田探査

JDJHH (2018) No.2

China MSA 2018年1月16日


掘削用プラットフォーム“渤海(Bo Hai)No.9”と以下10隻の作業船による油田の探査作業が行われる。

  

“中港拖(Zhong Gang Tuo)702”

“海洋石油(Hai Yang Shi You)641”

“海洋石油(Hai Yang Shi You)642”

  “民生(Min Sheng)002”

“盛新友(Sheng Xin Fa)”

“翔潤(Xiang Run)66”

“盛豊(Sheng Feng)2”

“民龍(Min Long)6003”

“海洋石油(Hai Yang Shi You)231”

“済海(Ji Hai)8006”








作業期間:2018年1月16日~2018年4月5日

作業区域:BZ13-1S-5D油田(38°32′43.455″N, 119°10′02.620″E)を中心とした半径500mの海域 


作業中、夜間は多数の作業灯のほか、プラットフォーム上のデリック先端に紅色の閃光灯が、各脚柱外側にモールス
信号U(短2長1)を15秒間作動させる白色灯火が、同じくモールス信号Uを30秒間吹鳴する霧中信号器が設置されて
いる。

作業船はVHF16およびVHF67チャンネルを常時聴取している。作業中、他船は作業海域への侵入が禁止されている。


2. 宝島(Baodao)、掘削サイト“19-2W-1”における掘削作業

QHH (2018) No.3

China MSA 2018年1月23日

I.   作業期間:2018年1月22日~2018年3月20日

II.  作業区域:海南省万寧市大洲島(Dazhou Island of Wanning of Hainan)南東およそ39.5海里の位置
                     (18°21′28.23″N, 111°05′50.94″E)

III. 作業船:“勘探三号(Kan Tan No.3)”(掘削船、コールサイン:BIAY)

IV. 作業内容:オフショア掘削作業

V   注意事項:

      1. 作業船は、規則に従い灯火・形象物を掲揚している。夜間にあっては船体周囲に閃光灯が、デリックの頂部には
          紅色閃光灯が設置使用される。

      2. 作業船は、VHF13を常時聴取している。

      3. 付近航行船は見張りを強化し、安全のため、作業船を中心とした半径2,000mの海域内は避けて航行すること。

      4. 作業が前もって完了しても、改めて通知はなされない。


3. 青島市霊山島(Lingshan Island of Qingdao)海域、海没アンカーの引揚げ作業

QHH (2018) No.3

China MSA 2018年1月17日


I.   作業期間:2018年1月17日~2月28日、各日午前8時~午後6時
II.  作業区域:35°46.76′N,120°15.20′Eを中心とした半径1,000mの海域
III. 作業内容:海没アンカー引揚げ作業
IV. 作業会社:上海成功水域工程有限公司(Shanghai Success Water Area Engineering Co., Ltd.)
V.  注意事項:
     1.  作業船は規則に従い灯火・形象物を掲揚している。安全確保のため、当直を強化、VHF08を常時聴取し付近
          航行船舶と適宜連絡をとっている。
     2.  付近航行船舶は、見張りを強化し識別信号に注意すること。また、作業船から十分に離れて航行し、安全のため
          作業船との連絡を強化すること。
     3.  作業会社は、作業船の管理を強化し、安全確保のため作業期間中は適時付近航行船へ回避行動を促す。

4. M/V“宇道(Yu Tong)1”の貨物引揚げおよび船骸油抜き作業プロジェクト
YJHH (2018) No.2
China MSA 2018年1月25日

関係各位
M/V“宇道(Yu Tong)1”の貨物引揚げおよび船骸油抜き作業は、正力海洋工程有限公司(Zhengli Ocean Engineering Co., Ltd.)が実施する。円滑な作業と安全航行の確保のため、次のように定める。

I.   作業期間:2018年1月19日~2018年3月8日。プロジェクトが予定より早く完了あるいは延期の場合でも、
     改めて通知はなされない。
II.  作業区域と安全ゾーン:掲陽市恵来靖海発電所(Guangdong Yudean Jinghai Power Generation Co., Ltd.)の
     外側、沈没船(22°58.617′N, 116°35.273′E)を中心とした半径500mの海域
III. 作業船:“正力(Zheng Li)6”、“宇道(Yu Tong)6”、“龍騰(Long Teng)322”、“葵陽拖(Kui Yang Tuo)2”
     および“葵興拖(Kui Xing Tuo)2”
IV. 警戒船:“正力(Zheng Li)1”、“正力拖(Zheng Li Tuo)1”
V.  注意事項:
     1. 作業船は規則(International Regulations for Preventing Collisions at Sea, 1972 および Regulation on
         Signal Exhibition in Coastal Port of PRC)に従い信号を掲揚、当直と見張りを強化しVHF16を聴取している。
     2. 付近航行船は当直と見張りを強化し注意して航行すること。予めVHF16で警戒船へ連絡し、警戒船の指示に
         従うこと。

免責事項
以上の航行警報は MSA China または MSA 地方局の公式ウェブサイトに掲載された情報の一部となります。これらの情報や英語訳の真実性について Sloma は責任を負いません。以上の航行警報に従った結果損害が発生しても、Sloma は責任を負いません。

Junmao Jiang
Sloma & Co.
2018年1月26日
以上
日本船主責任相互保険組合
ロスプリベンション推進部
Tel:    +81 3 3662 7229
Fax:     +81 3 3662 7107


10:00