トップ > P&I 特別回報

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

P&I 特別回報

 
P&I 特別回報 >> 記事詳細

2015/12/25

第15-014号 海難残骸物の除去に関するナイロビ国際条約の発効について(その4)

| by:契約総括部 承認用ID

印刷用:No,15-014(J).pdf

15-014

20151225

 

外航組合員各位

 

海難残骸物の除去に関するナイロビ国際条約の発効について(その4)

 

題記に関し、特別回報(1401014017及び14020)で本条約(Wreck Removal Convention、以下“WRC”)が2015414日に発効したこととWRC証書所持の要求についてお知らせしました。

 

本回報におきまして、WRC証書の所持につき再確認のためご案内申し上げます。

WRC締約国に登録されている300G/T以上の船舶又はWRC締約国に入港あるいは海上施設を使用する船舶は、条約の要求を満たす保険その他の金銭上の保証を証明する証書を本船に備え置くことが義務付けられています。船舶の旗国がWRC締約国であれば、その国から証書を取得しなければなりません。

 

2015414日に本条約が発効した後に、バハマ、キプロス、パナマが締約国に加わったことによりWRC締約国は現在25ヶ国になりました。

 

非締約国に登録されている船舶は、非締約国船に対しWRC証書を発行することを容認している締約国(クック諸島、キプロス、ドイツ、リベリア、マルタ、マーシャル諸島、パラオ、英国等)の担当当局から証書を取得する必要があり、組合員におかれましては、WRC証書発行に関して船舶の船籍と申請を受け付ける締約国が合致することを確認し、適切な締約国への申請手続きを時機に応じて行っていただくようお願い申し上げます。

 

当組合では、WRC締約国担当当局の電子及び郵送の宛先につき、本回報の最後に記載の締約国のリストを整備しています。

 

本回報発行時点におけるWRC締約国(25ヶ国)は以下のとおりとなっています。

 

 

締約国一覧(20151217日現在25ヶ国)

国名

寄託日

発効日

アルバニア*

201555

201585

アンティグア・バーブーダ*

201519

2015414

バハマ*

201565

201595

ブルガリア *

201228

2015414

コンゴ共和国

2014519

2015414

クック諸島

20141222

2015414

キプロス*

2015722

20151022

デンマーク *

2014414

2015414

ドイツ  

2013620

2015414

インド

2011323

2015414

イラン

2011419

2015414

ケニヤ *

2015414

2015714

リベリア *

201518

2015414

マレーシア

20131128

2015414

マルタ *

2015118

2015418

マーシャル諸島 *

20141027

2015414

モロッコ

2013613

2015414

ナイジェリア

2009723

2015414

ニウエ *

2015427

2015727

パラオ

2011929

2015414

パナマ*

2015818

20151118

南アフリカ

201544

2015124

トンガ

2015320

2015620

ツバル

2015217

2015517

英国 *

20121130

2015414

 

上記*印の13ヶ国は、WRCの第32項に従って適用範囲を領海まで拡大している。

英国統治領のジブラルタルと英国王室属領のマン島にも同様に適用が拡張されている。

 

上記印の国は、LLMC19761976年の海事債権についての責任の制限に関する条約)第21項(d)及び(e)に規定される責任制限対象とされる債権(沈没し、難破若しくは乗り上げた又は放棄された船舶(船舶上のすべての物を含む。)の引揚げ、除去、破壊又は無害化作業に関する債権。船積貨物の除去、破壊又は無害化作業に関する債権)については制限を認めることを留保している。

英国統治領のジブラルタルと英国王室属領のマン島も同様に留保している。

 

 

国際P&Iグループの全てのクラブが同様の内容の回報を発行しています。

 

 

 

以上


10:10