トップ > P&I 特別回報

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

P&I 特別回報

 
P&I 特別回報 >> 記事詳細

2015/05/15

第15-002号 ウルグアイでの油濁事故対応契約要求について (その3)

| by:契約総括部編集用

印刷用:No.15-002(J)

第15-002号

2015年5月15日

 

外航組合員各位

 

ウルグアイでの油濁事故対応契約要求について (その3)

 

 

規則概要

 

2012年11月23日に発効したウルグアイ法N° 19.012のArticle 6では、ある種の船舶及び洋上浮体設備に対して油濁対応業者(OSRO)と契約することを義務付けています。

 

2015年2月17日付特別回報第14-021号をご参照下さい。同回報にて、Disposición Marítima N° 149というウルグアイの新規則が2015年2月20日に発効する予定であることをご案内しました。しかしながら、その後2015年2月23日付特別回報第14-022号でご案内しました通り、ウルグアイCoast Guardはいくつかの事項についてOSROとの確認が完了するまで規則の実施を延期することを決定していました。

 

2015年5月4日に、ウルグアイCoast Guardは従前のDisposición Marítima N° 149に代わるDisposición Marítima N° 157(以下、規則という)を発行しました。同規則では、OSROとの契約が必要な船舶のタイプを特定するとともに、補油作業中に要求される技術面及び安全面の措置やOSRO契約書の雛形が規定されています。当該規則は2015年5月15日に発効する予定です。

 

以下の情報は規則の直訳をベースにしています。いくつかの点において曖昧な部分があるのは事実ですが、現時点では規則の文言解釈についてこれ以上ご案内できる情報は持ち合わせておりません。

 

 

OSROとの契約が必要となる船舶

 

規則は以下の船舶及び洋上浮体設備に適用されます。

 

a)      炭化水素・同派生物、危険・有害物質、液体鉱物の輸送・移送・作業、もしくは船舶や海洋設備の再浮揚作業に従事するタンカー、バージ、小型ボート、漁船、その他海洋設備

 

b)      上記船舶のいずれかがウルグアイの港・ターミナル・バースや指示待ちのために24時間以上ウルグアイ水域に錨泊する許可を求める場合

 

c)     航行や環境に危険を与える船舶に対する援助及び救助サービスに関するウルグアイ法N° 17.121に従い海事局が欠陥があると判断した船舶

 

d)      領海、接続水域、排他的経済水域、大陸棚での生物及び非生物資源の探査及び採取のための海上プラットフォームや固定もしくは可動式設備を供給する船舶

 

本規則が適用される船舶は、Coast Guardの認可を受けた現地OSROにより発行されるOSRO証書、P&IClubの保険契約承諾証(Certificate of Entry)、CLC証書(適用される場合)を現地当局へ提出することが必要になります。関連証書は、錨泊、積載、輸送作業に従事する24時間前に提出する必要があります。

 

なお、OSRO契約は現地代理店を通じて行う必要があります(但し、ウルグアイ籍船の場合、船主が直接OSROと契約することが可能です)。

 

 

OSRO契約

 

2015年2月17日付特別回報第14-021号にて、本規則の下、Marine Environmental Care Lasimar S.A.とCINTRA Golantex S.A.の2社がCoast Guardの認可を取得しており、国際P&Iグループ (IG)では両社の契約書を精査したことをご案内しました。

 

その後、IGではLasimar S.A.は業務を停止したとの情報を入手しました。なお、CINTRA Golantex S.A.の契約書はIGガイドラインに沿ったものとなっており、契約書に基づき生じる責任は通常のP&Iカバーの対象となり、追加保険の購入は不要であること確認申し上げます。

 

IGでは、LIFISOL S.A.というOSROが新たに本規則に基づくCoast Guardの認可を取得したとの情報を入手しています。しかしながら、IGでは未だLIFISOL S.A.の契約書を入手しておらず、内容の確認が出来ていません。LIFISOL S.A.の契約書の精査が完了次第別途ご案内申し上げます。

 

 

OSROとの事前契約が不要な船舶

 

炭化水素・同派生物、危険・有害物質、液体鉱物の輸送・移送・作業に従事しない船舶はOSROと契約する必要はありません。但し、油濁事故が発生した場合、MARPOL条約第4章37条に従った対応が必要となります。

 

 

その他の規定

 

ウルグアイ水域に24時間以上錨泊する船舶は代理店のアポイントが必要となります。

 

液化天然ガス(LNG)を運送する船舶は特定の要求を遵守する必要があり、同要求については別途Coast Guardから発行される見込みです。

 

燃料油及びその他の油製品の供給者は、輸送及び移送作業毎に選任したOSROsと緊急対応計画を作成することになります。

 

IGでは規則の内容確認を継続し、必要に応じて進展状況をご案内する予定です。

 

国際P&Iグループの全てのクラブが同様の内容の回報を発行しています。

 

以上

 

 

 


10:30