トップ > Japan P&I News JP

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

Japan P&I News >> 記事詳細

2014/09/04

No.688 ケニア - 違法薬物を輸送していた船舶への処置

| by:損害調査部編集用

印刷用:No.688(J)

No.688
2014年9月4日

 

ケニア - 違法薬物を輸送していた船舶への処置

 

題記の件に関し、弊組合のコレスポンデンツEltvedt & O’Sullivanから添付の情報を受領しましたのでご参考に供します。

 

同サーキュラーによりますと、最近ケニアのMombasa港は違法薬物(特にヘロイン)の輸送中継地になっており、これを憂慮したUhuru Kenyatta大統領は、違法薬物を輸送していた船舶は違法薬物と共に破壊すると発表し、本年729日ヘロインを輸送していた船舶(価額US$11.3M超)を軍に命じて爆破し沈没させたとのことです。

 

ケニアに限らず、多くの国が違法薬物に対し厳しい処置を取っています。違法薬物の輸送手段として船舶がターゲットにされており、船内から違法薬物が見つかった場合、無実の乗組員が拘留されたり、起訴されたり、場合によっては本船が没収されることもあります。船舶に違法薬物を隠蔽する方法で最も多いのは、ダイバーによる船底やラダーストックの内側、バウスラスターなどへの張付けです。組合員の皆様は不要なトラブルに巻き込まれないよう十分ご注意ください。
 

以上

 

日本船主責任相互保険組合

添付:
コレスポンデンツサーキュラー


16:00