トップ > 契約について > 保険の種類 > 外航船保険

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

外航船保険

原則として国際船級協会連合(IACS)加盟の船級又は同等の機関(JG等)並びにISMコードを保持し国際航海に従事する船舶が対象です。


てん補の範囲

原則として保険契約規定第2章「てん補の範囲」に定められている損害及び費用をてん補の対象とします。但し、てん補の範囲は個々の船舶の契約条件により異なります。

  • 船員(艤装員を含む)に関する責任及び費用
  • 船客に関する責任及び費用
  • 船員及び船客以外の人に関する責任及び費用
  • 密航者又は難民等に関する費用
  • 他船との衝突に関する責任及び費用
  • 財物等に関する責任及び費用
  • 汚濁に関する責任及び費用
  • 曳航に関する責任
  • 第三者との契約に関する責任
  • 防疫に関する費用
  • 積荷に関する責任及び費用
  • 共同海損
  • 過怠金
  • 責任防衛等のための費用

保険金額

定めは設けていません。但し油濁に関しては米貨10億ドルを限度とします。

保険期間

2月20日~翌年2月20日
(中途契約の場合、保険開始時より直後の2月20日まで)

保険料

外航船保険は前払保険料と追加保険料の組合せ方式です。当該保険年度終了後、保険成績等を検討した上で追加保険料を申し受けることがあります。
加入船舶の保険契約が解約、または解除された場合、当該船舶に対するそれ以後の追加保険料の支払いを免除するために精算保険料を申し受けます。
尚、米国領海及び米国経済水域において持続性重質油を貨物として積みまたは揚げるタンカーについては別途割増保険料を申し受けます。
保険料決済通貨は原則としてUS$ですが、円貨払いをご希望であればお申し出ください。


このページの先頭へ

特約

用船者責任保険(T.C.L.)

用船者が用船する船舶の運航に伴い発生した損害及び費用について、用船者が用船契約上又は法律上の責任及び費用を負担した場合てん補します。

てん補の範囲

船主責任保険と同様、保険契約規定第2章「てん補の範囲」に定められている損害及び費用をてん補の対象とします。
上記の他、組合は予め行なった特別な合意に従い、次に掲げる責任及び費用をてん補します。

  • 加入船舶につき生じた損害に関し用船者が負う責任及び費用
  • 加入船舶上の燃料油その他財物につき生じた損害に関し用船者が負う責任及び費用
  • 用船契約に基づく用船料及び運賃に関し用船者が負う責任及び費用

てん補限度額

一事故一船当り、米貨3億5千万ドル。


運賃、滞船料等に関する紛争処理費用及び損失担保特約(FD&D)

「積荷に関する責任及び費用」のてん補を含む契約を締結している加入船舶に関連して発生した運賃、滞船料等に関する紛争処理費用及び損失を負担した場合てん補します。
詳細につきましては契約窓口にご照会下さい。