トップ > 採用情報  > 仕事を知る > ケース2

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

仕事を知る

私たちの仕事 ケース2
case2-1

保険を通して海と関われる

昔から海が好きで、また語学に興味があり大学在籍中に留学の経験もありましたので海運業界を中心に就職活動を行っていました。その中で海運に特化した保険を扱っているところがあると知り、保険と言う形で、英語を生かしながら海と関われる仕事内容に興味を持ったことが志望したきっかけでした。
面接では、語学とは別に長年水泳で鍛えた体力と好奇心旺盛な部分を評価していただけたと思っています。



case2-2

成長を実感できる仕事

見積りの算出等の契約業務はもちろん、船舶の運航に際しての船主の責任に関するお問い合わせも多く、それにお答えすることも私の主な業務の一つです。また、船舶の運航にあたって締結される契約内容に問題がないか確認したり、各種条約や法律の内容の照会に対しお答えしたりということもしています。
問い合わせに対し回答するためには条約や法律・規則など様々な知識が必要です。まだまだ知識不足でスムーズに応対できないことも多いのですが、当組合では訪船研修や勉強会なども行われていますし、様々な海運会社の方たちと会ってお話しする機会もありますので、そこで色々な事を学び、人間的にも仕事的にも成長できるのではないかな?と自分自身とても楽しみにしています。



case2-3

分らない事が、すぐ聞ける環境

先輩方は、おおらかな人が多いのですが、その反面みなさんスポーツや趣味など色々なことに挑戦されている方が多く、また知識欲がある人ばかりなので、公私共に刺激ある職場です。
私自身、誰かに聞くといった事が苦手だったりもしましたが、一人で解決せず先輩の意見を仰ぎ業務を進める事が、もっともスムーズに組合員の方へ回答できる方法だと実感しました。悩む前に話を聞いてくれる先輩方が近くにいて、部署を超えて協力しあえる風通しのよい環境で業務に励んでいます。



case2-4

日々自分を磨くためにやることは沢山

顧客にあたる組合員は国内・国外共にあり、電話やメールで英語を使用する機会も多いため、もっと英語力を磨き、保険の知識は勿論ですが、保険の対象となる船の知識や貿易実務など組合員である船会社の業務・船舶の運航に関する知識をさらに身につけ、一日でも早く、先輩方に追いつけるように努力を重ねていきたいと考えています。



case2-5

学生の方へのアドバイス&メッセージ

今まで身につけてきた力を仕事で生かせることはとても大事なことだと思いますが、自分の器を広げるためにも今まで関わったことのない、新しい事にも貪欲に興味を持って挑戦することが大切だと思います。
様々な人とコミュニケーションがとれ、仕事に興味をもって取り組む人間を会社は求めていると思います。
何事にも好奇心をもつことが、楽しい社会人生活の第一歩かもしれませんね。