トップ > 採用情報  > 仕事を知る > ケース1

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

仕事を知る

私たちの仕事 ケース1
case1-1

世界の経済活動を保険でサポートする仕事

この業界に興味を持った理由は、世界を駆け巡り、人々の生活を支えている船舶輸送に関われるといったスケールの大きさに魅力を感じた事がキッカケでした。
その中で組合員である海運会社の利益を守るために相互保険組合として設立され、営利を目的とした企業ではない事、また英語を生かし広大な海でつながっている世界各国との交信ができる点が当組合を志望した理由です。面接時には、体育会系の部活動で培った、最後まで諦めない気持ちと、新しいことに挑戦する意気込みが私の強みであることを強調しました。この強みは、現在でも活かせていると実感しています。



case1-2

困難だからこそ味わえる充実感

担当している海運会社の船が事故にあった場合、当組合が窓口となって事故内容の調査や補償の協議を進めていくケースが多いです。損害の規模や責任関係の調査をスムーズに進める為、英語はもちろん必要であり、受け取った情報を、迅速かつ正確に海運会社へ対して説明できる能力も必要です。また、保険会社として、数字を使う仕事ですので、正確な計算及び判断能力が必要になります。当初は苦労していましたが、保険事故を自分のコントロール下で解決し、組合員の損害を最小限に抑えられた際には達成感を味わえます。また、過去の経験を別の案件でうまく活用できた際にも、自分の成長が感じられて充実感があります。



case1-3

「組合員の利益を守る!」を志し一致団結

担当する船の事故が重なった場合、それぞれのケースの処理を正確かつ迅速に行う必要があるため、頭の切り替えに苦労する事がありますが、先輩や上司の方などに気軽に相談できる環境であり、経験のない問題に直面しても多くのアドバイスを頂くことができます。組合員の利益の保護を最優先とし部署を超えた連携で迅速に対応することを心がけています。



case1-4

失敗を生かし、常に前を見続ける

自分を伸ばすためには、「これからどのようになりたいか」という目標を常に持ち、向上心を絶やさないことが重要だと思います。これまでには、解決するにはあまりにも困難で、最終的にあまり良いとは言えない結果に終わってしまったこともありました。そういった経験を踏まえ、もっと船舶の構造や、船舶が運送する貨物の特性などを勉強していきたいと思っています。また仕事を行う上で、日本国内のみならず、諸外国の法律や規則も重要になるため、必要な法制度も学んでいきたいと思っています。



case1-5

学生の方へのアドバイス&メッセージ

仕事には相性がありますが、企業が自分を選んでくれるのは、何かしらの縁があると思います。既に自分のやりたいことが決まっている方や、まだやりたいことを決めかねている方もいらっしゃると思いますが、多くのことに挑戦してみることで、新しい道や自分のやりたいことが見えてくると思います。ひとつのことにこだわらずに、いろいろなことに挑戦してみて下さい。