トップ > P&I 特別回報

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

P&I 特別回報

 
P&I 特別回報 >> 記事詳細

1999/09/28

第99-017号 米 国 積 の 定 期 船 貨 物 運 送 契 約

| by:sysadmin
第99-017号
1999年09月28日
外航組合員各位

米 国 積 の 定 期 船 貨 物 運 送 契 約



国際PIグループ加盟クラブからの情報によれば、本年5月の米国のShipping Reform Act発効の後、相当数の米国の荷送人は、ヘーグ・ルール又はヘーグ・ヴィスビー・ルールないしそれと同等水準の運送人の権利及び免責又は責任制限規定を摂り入れていない運送契約の締結を追求しています。

海上運送契約に基づく運送人の責任に関するPI保険のてん補が、ヘーグ・ルール又はヘーグ・ヴィスビー・ルールを条件としている理由は、それらが運送人と荷主双方の権利義務に関する統一制度を構築しており、各国の法律により、あるいは運送人と荷主の両当事者間で自主的に合意された運送条件によって、最も広く受け容れられているためです。国際PIグループとしてはこれらの権利義務は、国際貿易の変化と発展に合わせるために随時見直し又は修正する必要があることは承知していますが、多くの関係業界団体と同様、その変更は他の方法によるよりも国際条約の進展によることが最も適切であると考えています。

従って国際PIグループ加盟各クラブでは、保険契約規定に基づく理事会の裁量という救済措置はあるものの、ヘーグ・ルール又はヘーグ・ヴィスビー・ルールと同等の運送人の権利及び免責規定を摂り入れていない海上運送契約から生ずる責任及び費用はてん補対象外としています。

組合員の船舶が運送過程の一部に携わる通し運送又は複合運送契約の場合、PI保険のてん補にあたっては、その契約条件の内容について組合の事前承認を必要としていることにご留意ください。

さらに、現在これらの荷送人が提示している運送契約の多くは、運送人及び荷主の双方にとって有利な権利及び免責で、クラブのてん補には関係しないものの、運送人荷主双方に広く受け容られてきているものも除外しています。運送契約からそれら条件を除くことは、不確実性を増大させ、係争及び訴訟の危険性を増大させることになります。

荷送人から提示された条件がPI保険のてん補に影響するか否か懸念のある場合、又はそれらの契約条件についてアドバイスが必要な場合は、組合の契約窓口までお問い合わせください。

以上


09:00