トップ > 関連 P&I 特別回報

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

関連 P&I 特別回報

 
関連 P&I 特別回報 >> 記事詳細

2002/11/15

第02-008号 U.S. Port State Securityについて(特別回報第02-002号の補足)

| by:sysadmin
第02-008号
2002年11月15日
外航組合員各位

U.S. Port State Securityについて
(特別回報第02-002号の補足)



弊組合特別回報第02-002号「アメリカ合衆国におけるMARPOL規則の違反に対する刑事責任 と Port StateSecurityの現状について」をご参照ください。
同回報において、U.S. Coast GuardによるPort State Controlの最近の方針について、弊組合米国法務代理人Keesal Young & LoganのJohn D. Giffin弁護士による講演のまとめを紹介し、その中で次の1文を記載いたしました。

『G. 船舶の機関士はバンカーやあらゆる種類の油の移動(船舶内のタンク間の移動を含む)や排出を正確にOil Record Bookに記録しなければならない。』


ところが、MARPOLでは、バラスティングや燃料タンククリーニングのための船舶内の燃料油の移動についてOil Record Bookへの記録を定めていますが、ストレージタンクからセットリングタンクへの移動のような日常的な燃料油の移動については、特別な規定がありません。この点に関するU.S.C.G.のRequirementについて、上記弁護士及び同氏を通じてU.S.C.G.に確認しましたところ、米国法もMARPOLと同様の規定になっているものの、U.S.C.G.による米国籍船に対するガイドラインでは、それら日常的な燃料油の移動も記録するよう指示されており、またU.S.C.G.の検査官が米国籍以外の船舶に対しても同様の指摘をした例があるとのことです。
従いまして、上述したような日常的な燃料油の移動のOil Record Bookへの記録は、法定要件ではありませんが、これを実施されることをお勧めします。


以 上


09:00