トップ > P&I 特別回報

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

P&I 特別回報

 
P&I 特別回報 >> 記事詳細

2012/06/12

第12-006号 米国航海−持続性重質油の運航−における申告について (その2)

| by:sysadmin
第12-006号
2012年06月12日
外航組合員宛

米国航海−持続性重質油の運航−における申告について (その2)



題記の件に関し、2012年1月23日付特別回報第11-020号「米国航海-持続性重質油の運航-における申告について」をご参照下さい。


当該特別回報にて、連邦政府レベルで米国Coast Guardにより承認/設定されている4エリア及びLOOP(Louisiana Offshore Oil Port)でのみ持続性重質油の積み揚げを行う米国航海の場合、割増保険料の50%減額が適用される旨ご案内しました。


その後、国際P&Iグループでは上記LOOP及び4エリア以外で積み揚げに使用される米国Coast Guard承認エリアについて更なる検討を行いました。


検討の結果、国際P&Iグループでは、米国における港以外のエリアでの持続性重質油の積み揚げを含む航海に適用される割増保険料について、米国Coast Guardにより積み揚げが認可されているエリアについては、これまでと同様に割増保険料の50%減額を適用することにしましたのでご案内申し上げます。


国際P&Iグループのすべてのクラブが同様の内容の回章を発行しています。


以上


09:00