トップ > P&I 特別回報

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

P&I 特別回報

 
P&I 特別回報 >> 記事詳細

2012/02/22

第11-023号 第576回理事会結果のご報告

| by:sysadmin
第11-023号
2012年02月22日
組 合 員 各 位

第576回理事会結果のご報告



2012年2月22日(水)11時45分より、東京の海運クラブにおいて当組合の第576回 理事会が開催されましたので、下記のとおり主要な決議内容等をご報告申し上げます。


Ⅰ.はじめに

海運市況の低迷、超円高、バンカー高、災害多発の4重苦に見舞われ、組合員の皆様が近年稀に見る厳しい事業環境に直面されていることは、改めてここに申すまでもありません。

当組合においても、加入トン数こそ、組合員各位のご支援・ご協力により、期初より270万トン増加し、9,460万総トンとなりましたが、クレームに関しては、内航船保険が引き続き順調に推移しているのに対し、外航船保険では相変わらずクレーム発生傾向に改善の兆しが見えません。今期決算に向けて、フリーリザーブを毀損することのないように、慎重な判断が求められるところとなっております。

一方、当組合は、財務健全性に関する国際P&Iグループの加盟基準の充足を確実なものとするために、米国の格付け機関S&P社と契約を締結し、昨年末に「BBB(フラット)、アウトルック:安定的」とする「信用格付け」を取得いたしました。格付け評価内容は、今後組合運営の安定性を高める方策を検討するうえで、重要な判断材料の一つになるものと考えております。
以上のような状況を踏まえまして、以下II.の1.及び2.に述べる諸策を講じることを決定致しました。冒頭に触れましたとおり、組合員各位を取り巻く厳しい経営環境は十分に承知しておりますが、何卒格別のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

II. 理事会主要決定事項

1.財務基盤安定のための資金調達策
2011年11月30日付特別回報第11-014号「第575回理事会結果のご報告」をご参照願います。本理事会では、財務基盤安定のための資金調達策として、前回(第575回)理事会でご承認いただいた2つの選択肢について、次のとおり取り進めることが決議されました。
1)2010保険年度予定外追加保険料
現在のフリーリザーブ水準を維持するための必要最低限の施策として、2010保険年度の外航船前払保険料に対して前回理事会でご承認いただいた30%枠のうち10%だけ予定外追加保険料をご負担願うことと致します(詳細は、下記2.「外航船保険 - 2010保険年度追加保険料及び精算保険料」をご参照願います)。
2)劣後ローン
2011事業年度中の劣後ローン実行を見合わせることと致します。前回理事会でご承認いただいた80億円を限度とする劣後ローンの枠組みはそのまま温存のうえ、2012事業年度において第2次財務基盤安定策に代わる新たな財務計画を立案し、引き続きローン実行につき検討を加えることと致します。

2.外航船保険‐2010保険年度 追加保険料及び精算保険料
上記1. 1)の決議を踏まえ、2010保険年度の外航船保険に関して、下記のとおり決定されました。
1)現況
過年度と比較して大型クレームが多数発生し、当該保険年度の正味保険金は当初想定したレベルを超え、史上最高記録を更新中です。

2)保険料明細
当該保険年度の当初予想40%の追加保険料は、2011年3月に10%を、そして2012年1月に残り30%をすでにお支払いいただいております。今回、当該保険年度の前払い保険料に対して10%の予定外追加保険料をご負担願うことと致します。これにより、予想追加保険料率及び精算保険料率をそれぞれ0%及び5%へ変更致します。

3)支払期日
当該保険年度の前払保険料の10%相当額を、2012年3月30日(金)を支払期日としてお支払い頂きます。

III. 理事会その他報告事項

2012保険年度 国際P&Iグループ再保険
首題に関する再保険者との交渉が大筋合意に至り、国際P&Iグループ(IG)が2012保険年度の再保険料率をメンバー向けに公表した直後に、イタリアで大型客船CostaConcordia号の座礁事故が発生しました。さらに昨年10月ニュージーランド沖で発生したコンテナ船Rena号座礁事故の状況が悪化したことも手伝い、IG全体で40百万ドルの追加再保険料支払いを余儀なくされました。すでに組合員の皆様とは公表済みの再保険料率で更改手続きが進められていたため、取り敢えず当組合が追加分担分となる約3百万ドルを負担し、今後組合員の皆様との精算方法を検討していくこととなりますので、お含み置き願います。


以上


09:00