トップ > P&I 特別回報

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

P&I 特別回報

 
P&I 特別回報 >> 記事詳細

2007/02/13

第06-009号 第558回理事会結果のご報告

| by:sysadmin
第06-009号
2007年02月13日
組 合 員 各 位


第558回理事会結果のご報告



2007年2月6日(火)12時00分より、東京の海運クラブにおいて当組合の第558回理事会が開催されましたので、下記のとおり主要な決議内容をご報告申し上げます。



理事会主要決定事項


[1]「船客及び船員リスクに関するカバー限度額導入」及び「Overspill再保険カバー共同手配」に関する包括提案の件

2007年2月20日より、外航船の船客及び船員の複合リスクに関して一船一事故あたり米貨30億ドルのてん補上限額を導入し、併せて船客リスク単体に関して米貨20億ドルのてん補上限額を設定すること等を内容とする国際P&Iグループの包括提案に関し、当組合としてこれを承認することが決議されました。なお、詳細は特別回報第06−010号『「先客及び船員リスクに関するカバー限度額導入」及び「Overspill再保険カバー手配」の件』をご参照願います。

[2]Double Retention/Designated Vessel制度導入の件

2007年2月20日より、外航船に関し、国際P&Iグループ加盟各P&Iクラブが実施した船舶の状態検査(コンディション・サーベイ)の結果、状態が悪いこと等を理由として保険契約を解約又は契約申込みを拒否した場合に、この事実及び検査結果に関する情報を国際P&Iグループとして共有すること等を内容とする国際P&Iグループの新制度導入提案に関し、当組合としてこれを承認することが決議されました。なお、詳細は特別回報第06-012号「Double Retention/Designated Vessel制度導入の件」をご参照願います。

[3]保険契約規定一部変更の件

保険契約規定の一部変更については、昨年11月21日に開催された第557回理事会で決議されましたが、更にその追加として下記条項を変更し、2007年2月20日より実施することが決議されました。なお、詳細は別途の特別回報にてご案内申し上げます。

第17条(堪航性等の確保):
堪航性等の確保について定めた保険契約規定第17条に第5項として情報開示に関する規定を新設致します。

第21条(船員及び船客以外の人に関する責任及び費用):
海外同種組合の規定及び他の条項の規定に合わせた文言の整備を行いました。

[4]常務会規則改定の件

事務局理事により構成される組合事務局内の組織である常務会の規則について、再保険に関する決裁権限についての規定内容の明確化を図る観点から所要の改定を行うことが決議されました。



以上


06:00