トップ > P&I 特別回報

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

P&I 特別回報

 
P&I 特別回報 >> 記事詳細

2006/02/01

第05-012号 保険契約規定追加変更の件

| by:sysadmin
第05-012号
2006年02月01日
組 合 員 各 位


保険契約規定追加変更の件



2006年2月20日から始まる新保険年度の保険契約規定の前年度からの変更箇所につきましては2005年12月14日付特別回報第05‐010号「保険契約規定一部変更及び特約制定の件」でご案内申し上げましたが、その後の日本海運集会所救助契約書式の改定及び国際P&Iグループのプール協定の修正に対応するため、下記の点を追加で変更し、合わせて2006年2月20日より実施することと致しましたのでご報告申し上げます。





第25条(汚濁に関する責任及び費用)第1項第6号

救助契約等による責任について、ロイズ海難救助契約標準書式以外の救助契約書式にSCOPIC条項SpecialCompensation P&I Club Clause)と同様の報酬規定が含まれている場合においてもてん補を可能とすることと致しました。



第35条(一般除外規定)第1項第3号

P&I保険のてん補の対象から除外されている核分裂等を使用した兵器により生じた損害及び費用に関し、通常の兵器以外の機器を用いた場合でもてん補の対象とならないこと及びあらゆる放射性物質の有害な特性によって生じた損害及び費用がてん補の対象とならないことを明確化致しました。また、あわせて条文の整理を行いました。


詳しくは添付の新旧対照表をご参照ください。

なお、2006保険年度版の保険契約規定の冊子は、近日中に組合員各位にお届けする予定としております。

以 上



添付ファイル: attachmentNo.05-012(J).doc



09:00