トップ > P&I 特別回報

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

P&I 特別回報

 
P&I 特別回報 >> 記事詳細

2005/12/14

第05-010号 保険契約規定一部変更及び特約制定の件

| by:sysadmin
第05-010号
2005年12月14日
組 合 員 各 位


保険契約規定一部変更及び特約制定の件


1.保険契約規定一部変更の件


主に規定の明確化を目的として、当組合の保険契約規定の一部を2006年2月20日より次のとおり変更することと致しましたのでご報告申し上げます。



第23条(他船との衝突による責任及び費用)第1項第3号
本号の適用は、第29条(積荷に関する責任及び費用)によるカバーの付保が条件となることを明記致しました。

第23条(他船との衝突による責任及び費用)第1項第4号
条文を整理し、てん補リスクを列挙することによりわかり易く致しました。また、同号「ヘ」として、衝突相手船に生じた積荷に関する責任の一部をてん補対象に加えました。

第25条(汚濁に関する責任及び費用)第1項本文
「恐れ」との漢字は適当でないため、平仮名の「おそれ」に致しました。

第25条(汚濁に関する責任及び費用)第1項第2号
従来は同号の中のてん補費目として混在していた清掃費用と汚濁防止(おそれの防止、軽減)費用を、各々第2号及び第3号に分離して規定することで、わかりやすく致しました。

第30条(共同海損)第1号(回収不能の共同海損の積荷等の分担額)
本号の適用は、第29条(積荷に関する責任及び費用)によるカバーの付保が条件となることを明記致しました。

第31条(過怠金)第1項第1号
本号によるてん補にあたっては、第29条(積荷に関する責任及び費用)第2項の規定が適用されることを明記致しました。

第37条(てん補責任の制限)第5項
従来の「保険金額の定めのある場合には」との表現を「保険金額の定めのある保険契約については」に改め、適切な表現と致しました。

詳しくは添付の新旧対照表をご参照ください。



2.運送人責任保険特約制定の件


 積荷に関して生ずる運送人の責任及び費用のうち、当組合の保険契約規定第29条(積荷に関する責任及び費用)第2項の除外規定に該当するなどの理由により従来のP&I保険のてん補対象にはならないものを、一定の範囲でカバーする別途の保険(いわゆる SOL Cover)を引き受けるための根拠規定として、添付のとおり「運送人責任保険特約」を新設し、2006年2月20日より実施することと致しましたのでご報告致します。

 なお、2006年度版の保険契約規定の冊子は、2006年2月に組合員各位にお届けする予定としております。

以 上



添付ファイル: attachmentNo.05-010.pdf



08:00