トップ > P&I 特別回報

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

P&I 特別回報

 
P&I 特別回報 >> 記事詳細

2004/03/04

第03-020号 米国 - 新「自動積荷目録システム(Automated Manifest System)」規則の件(その3)

| by:sysadmin
第03-020号
2004年03月04日
外航組合員


米国 - 新「自動積荷目録システム(Automated Manifest System)」規則の件(その3)



米国−新「自動積荷目録システム(Automated Manifested System)」規則に関する、2004年2月20日発行の弊組合特別回報第03−018号ならびに2004年2月23日発行弊組合特別回報第03-019号をご参照願います。

今般、弊組合現地コレスポンデントより、米国当局(CBP)が同規則の3月4日からのBulk CarrierおよびBreak Bulk Carrierへの適用について、周知期間として30日間を設定し、4月2日に延期するとの発表があった旨連絡がありましたので、ご参考までご連絡申し上げます。


本件に関係ある組合員の皆様で手続が完了されておられない方は、お急ぎ手続を済ませられますようご注意願います。


なお、ご参考まで、延期に関するCBPのホームページでの発表(FAQの項目に記載)を以下に引用いたします。


Bulk and Break Bulk Vessels (Including Passenger Vessels)
- The CBP is aware of several bulk and break bulk carriers who because they are foreign entities, have been unable to secure an Activity Code 3 International Carriers bond by the automation deadline of March 4, 2004. Therefore, CBP will allow a period of informed compliance for 30 days from the March 4, 2004. On April 2, 2004, CBP will commence enforcement actions against carriers operating bulk and break bulk vessels that fail to comply with the Required Advance Electronic Presentation of Cargo Information Final Rule effective January 5, 2004. The enforcement actions include denial of preliminary entry, issuance of penalties at each port of arrival and denial of unlading.


以上


09:00