トップ > P&I 特別回報

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

P&I 特別回報

 
P&I 特別回報 >> 記事詳細

1999/06/28

第99-005号 ITF-JSU AMOSUP CBA (覚書) 一部改定の件

| by:sysadmin
第99-005号
1999年06月28日
外航組合員各位

ITF-JSU AMOSUP CBA (覚書) 一部改定の件


本年5月1日付で、フィリピン人船員の雇用に関するITF-JSU AMOSUP CBAの覚書の一部が改定されたとの情報を入手しましたので、添付の通りご案内申し上げます。

なお第20条(死亡) 第2項の改定に関しましては、当組合の保険填補上問題が生ずる場合が考えられます。同項では、死亡補償の一部の金額(船長/機関長;25万ペソ、その他職員;21万ペソ、職長/部員;17万ペソ)を、海員組合が船員の近親者に支払うと規定されておりますが、今回の改定により、会社が同補償のための保険料を海員組合に送金していない場合は、会社が死亡補償金の全額を船員の近親者に支払うものと明規されました。すなわち本来海員組合から支払われるべき死亡補償の一部が支払われなくなり、会社がその部分を含む全額を支払うとのことです。


当組合の保険契約について、フィリピン人船員の災害補償条件を、 ITF-JSU AMOSUP CBAによるとしてご契約されている組合員が、上記を理由として死亡補償の全額を負担された場合には、本来海員組合から支払われるべきであった相当額は、当組合の保険契約上填補対象となりませんので、あらかじめご承知置きくださいますようお願い申し上げます。


09:00