トップ > 関連 Japan P&I News

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

関連Japan P&I News

 
関連 Japan P&I News >> 記事詳細

2009/06/11

No.569 アジア型マイマイガ(Asian Gypsy Moth:AGM)不在証明について

| by:sysadmin
No.569
2009年06月11日

アジア型マイマイガ(Asian Gypsy Moth:AGM)不在証明について


2007年6月1日よりアジア型マイマイガ不在証明検査スキームが実施されております。 6月−9月のハイリスク期間中に、大分、広島、阪南、酒田、八戸、函館、神戸、清水、小樽、苫小牧、いずれかの港に寄港した船舶のうち、米国及びカナダの港に入港する予定の船舶は、AGM不在証明書を取得していないと米国及びカナダへの入港の際、沖合検査を受けなければなりません。 2007年5月31日及び2009年2月付米国農務省書状をご参考までに添付いたします。 なお、この証明書は社団法人 日本海事検定協会、財団法人 新日本検定協会などの検査機関で取得することができます。

この情報が組合員皆様のお役に立てば幸いです。

以上


<日本船主責任相互保険組合>

添付ファイル: No.569attachment.pdf

10:00