トップ > 関連 Japan P&I News

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

関連Japan P&I News

 
関連 Japan P&I News >> 記事詳細

2003/11/27

No.492 St. Petersburg(ロシア)における鋼材貨物の検数について

| by:sysadmin
No.492
2003年11月27日

St. Petersburg(ロシア)における鋼材貨物の検数について



ロシア、St. PetersburgのコレスポンデンツPandi Services Eastからの情報によると、ロシア諸港で船積みされた鋼材貨物の不足渡しクレームが増加しているようです。同社より、St. Petersburgでの貨物検数制度についての情報を入手致しましたので、当組合で作成致しました試訳とあわせて同社よりのe-mailコピーをご参考に供します。

ロシア諸港ではShip's Tallymanの起用が数量不足クレームを防ぐ有効な手段のようです。特に鋼材貨物についてはShip's Tallymanの起用が望ましいと思われます。Ship's Tallymanは本船代理店を通じて手配可能と思われますが、当組合コレスポンデンツのアシストが必要な場合は、当組合損害調査担当へご連絡願います。尚、Ship's TallymanやPre-loading Surveyの費用は保険金としててん補されません。

緊急時の当組合現地(St. Petersburg)コレスポンデンツの連絡先は以下のとおりです。

Pandi Services East
Ul. Kronshtadtskaya 15-Office 308
198096 St. Petersburg,
RUSSIA
Tel: +7 812 320 98 46
Fax: +7 812 320 83 10
e-mail:pandi@comset.net

以上

<日本船主責任相互保険組合>



Tallying steel cargoes in St. Petersburg, Russia

According to the port regulations, cargoes are to be tallied by the port tallymen and bythe tallymen working on behalf of the vessel i.e. the ships crew or independenttallymen appointed by the Owners or the Charterers of the vessel. Shippers, as a rule, donot appoint an independent tally and accept the tally carried out by the porttallymen.

The port's and the ship's tallymen must verify their counts at the end of every workingshift and sign each other's tally sheets. If any discrepancy is found they should re-check the quantity of cargo loaded and rectify the discrepancy to mutual satisfaction.Cargo operations can be suspended when necessary.

If the Owners or the Charterers do not appoint any independent tallymen and the ship doesnot arrange for a tally to be carried out by the crew the Master is to accept a tallycount of the port tallymen and to sign the relevant tally sheets. If such is the case theShippers will never accept any remarks in the Mate's Receipts and Bills of Ladingconcerning cargo quantity such as "Quantity unknown", "Quantity as per Shipper'sdeclaration", etc. The Shipper will refer to Article 145 Cl. 1 of the Merchant ShippingCode of the Russian Federation which reads: "Where the Bill of Lading containsinformation concerning the names of cargo, its principal markings, number of packages oritems, mass or quantity of goods, in respect of which the Carrier or other person issuingthe Bill of Lading on his behalf know or have sufficient reason to believe that suchinformation does not correspond to the cargo actually received or loaded at the moment ofissue of the Shipped Bill of Lading, or if the Carrier or such other person did not havereasonable opportunity to check the information supplied, the Carrier or such otherperson is to enter into the Bill of Lading a clause exactly specifying the discrepancies,grounds for supposition or the lack of a reasonable opportunity to check the saidinformation."

If no tally is carried out on behalf of the vessel and a dispute regarding the quantityof cargo loaded arises the Shippers will refuse to accept any remarks concerning thecargo quantity claiming that the Master has no sufficient reason to believe that the porttally is inaccurate and that he has had an opportunity to check it by arranging a tallyto be carried out by the crew or by the independent tallymen on ship's behalf.

Prior to loading operations the Master will be required to sign Statement of TallyControl in which he should enter the name of a company tallying on the ship's behalf ornames of crew members appointed as tallymen. This Statement also informs the Master thatin case the vessel does not place any tallymen of its own the tally count of the port'stallymen must be accepted. We attach hereto a copy of this Statement's pro-forma.

In view of the above we recommend the Shipowners to appoint an independent surveyorthrough the local P&I Correspondents to tally the cargo. In case a dispute regarding thequantity of the cargo loaded arises the surveyor's tally report is a sufficient groundfor clausing Mate's Receipts and Bills of Lading. Of course the Master may disagree withthe surveyor's findings but then he should have some other reasons in order to insist onclausing Mate's Receipts and Bills of Lading otherwise there may be a prolonged disputewith the Shippers and unnecessary delay of the vessel.



[試訳]  
St. Petersburg(ロシア)における鋼材貨物の検数について

St. Petersburgの港湾規則によると、貨物はPort Tallyman(港湾検数員)とShip's Tallyman(本船クルーまたは船主或いは傭船者により指名された独立検数員)の双方によって検数されなければならない。荷送人が独立検数員を指名することはなく、Port Tallymanの検数結果を受け入れるのが通例である。

Port TallymanとShip's Tallymanはそれぞれ勤務シフトの最後に自らの検数結果を確認し合い、それぞれのタリーシートにお互いの署名を取り交わさなくてはならない。お互いの検数結果に差異があった場合、積み込まれた貨物の数量を再確認し、双方が納得できるようにその違いを訂正しなければならない。必要とあらば、荷役を中断することもある。

船主或いは傭船者が独立検数員の指名をせず、本船クルーによる検数をも手配しない場合には、船長はPort Tallymanの検数結果を受け入れ、そのタリーシートへの署名を余儀なくされる。その場合、荷送人はMate's ReceiptやB/L上に"Quantity unknown"や"Quantity as per Shipper's declaration"等の貨物数量に関するremarksを挿入することをしない。ロシア連邦商船法145条1項は、次のとおり規定している。「B/Lに記載された積荷の名称、商標、パッケージまたはアイテム数、貨物数量が実際に受取った或いは本船に積まれた貨物と一致しないことを知っているか、そう信じるに足る十分な理由がある場合、または運送人らに提供された情報を確認する正当な機会がない場合、運送人らは、B/Lに貨物情報の齟齬、齟齬の推定根拠、貨物情報を確認する正当な機会がなかったことのremarksをB/Lに挿入することができる。」

もし、Ship's Tallymanによる検数が行なわれずに、荷送人と積荷数量を巡る紛争が生じた場合、荷送人は、船長にはPort Tallymanの検数に誤りがあるとする十分な根拠がない、Ship's Tallymanによる検数を手配することでその数量を確認する機会があった、と主張し、積荷数量に関するremarksの挿入を拒否するであろう。

積荷役開始前に船長はStatement of Tally Controlに署名することを要求され、そこに船長は本船側で検数を行なう会社名或いは検数員として任命された本船クルーの名前を明記しなければならない。また、同Statementには本船側で独立検数員を手配しない場合はPort Tallymanによる検数結果を容認しなければならないと明記してある。(添付サンプルStatementご参照。)

<Pandi Service, Eastの推奨>

上記より、組合員各位には現地P&Iコレスポンデンツを通じて船主側の独立検数員を指名し、積荷の検数を実施されることをお勧めします。積荷数量に関する紛争が生じた場合、当該検数員の検数レポートがMate's Receipt及びB/Lにremarksを挿入することの十分な根拠となります。船長が当該検数結果に同意しないこともあり得ますが、その場合は船長が主張する数量が正当であることを証明する根拠を他に得る必要があります。それができない場合、荷送人との紛争が長引くこととなり、本船に不必要な遅延が生じることにもなりかねません。

以上


添付ファイル: No.492attachment.doc

09:00