トップ > 関連 Japan P&I News

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

関連Japan P&I News

 
関連 Japan P&I News >> 記事詳細

2001/03/07

No.349 密航者情報

| by:sysadmin
No.349
2001年03月07日

密航者情報



当組合法務代理人より密航者関連情報がありましたのでお知らせします。

『コートジボワール共和国(Ivory-Coast;象牙海岸)から乗船する密航者の急増が問題となっている。政情不安、経済低迷により、Abidjanなどの港から外航船に不法侵入し海外への逃避を試みる者が後を絶たない。

先日Abidjanを出港した外航船より多数の密航者が発見された。船長は同じコートジボワールのSanPedro港に入港し密航者達の下船を試みたが、大多数の密航者が同国籍ではなく、住民票も所持していなかったため、入管当局は船主に密航者を国籍国まで送還するよう命じた。密航者がAbidjanから乗船したことが明らかであるにもかかわらずである。このため、船主はこれら密航者の下船費用のみならず、本国への送還費用、エスコート、警備員など高額な費用負担を余儀なくされた。

同様なケースが南アフリカ共和国でも報告されている。同国の港から乗船した密航者を同国で下船させたところ、ブルンジ共和国籍と判明したため、当局は船主に密航者を本国まで送還するよう命じた。

一方、ガボン共和国では密航者の下船が困難な情勢だ。理由は港の拘置所が狂暴な密航者により破壊され密航者を収容する場所がなくなったことと、シオラレオネ共和国からの密航者上陸がこの6ヶ月で急増したことにある。シオラレオネ共和国からの密航者には旅券の発給がされないため送還ができない。当面ガボン共和国での密航者下船は困難と思われ、他の港から下船を試みることとなろう。』

アフリカは密航者の多い地域ですので、同地域へ配船をされる組合員各位は、入港から出港まで密航者の乗船防止に細心の注意を払って下さい。密航者の乗船防止については、2000年9月21日付PI特別回報第00‐010号 密航者(Stowaways)をご参照願います。

最近BIMCOより麻薬密輸、海賊、密航者への対策マニュアルとしてThe ShipMaster's SecurityManualが発行されました。各船に1冊備えられては如何でしょうか。ご興味のある方は、BIMCO PublicationsA/S(Tel: 45-4436-6800, Fax: 45-4444-4450, e-mail:mailbox@bimco.dk, Homepage:http://www.bimco.dk)に照会して下さい。

以上

<日本船主責任相互保険組合>


08:00