トップ > Japan P&I News JP

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

Japan P&I News >> 記事詳細

2011/09/08

No.595 P&I保険の付保証明を要求するトルコの新保険規則

| by:sysadmin
No.595
2011年09月08日

P&I保険の付保証明を要求するトルコの新保険規則



海事クレーム及びその監督に対して船舶の保険付保を要求するトルコの規則(以下、保険規則という)が本年7月1日にトルコで発効されました。

同規則は、トルコに寄港する、もしくはトルコ船籍の300GT以上の全船舶に対し、海事債権についての責任制限に関する国際条約を改正する1996年議定書(LLMC Protocol)の下で責任制限の対象となる海事クレームをカバーし、そこに規定された責任限度額までをカバーするProtection &Indemnity(P&I)保険を付保しておくことを要求しています。「Protection & Indemnity保険」とは、同規則の中で、現在国際P&Iグループ加盟のP&Iクラブにより提供されている保険であると定義されています。

保険規則は、トルコ諸港への入港の際に、P&I保険の付保が証書もしくは保険証書により証明されることを求めており、当該証書を本船上に保持しておくことを要求しています。

国際P&Iグループがトルコ海事庁と協議した結果、トルコ諸港は保険規則を遵守している証拠として、電子形式での国際P&Iグループ加盟クラブが発行する保険契約承諾証を認めることが確認されました。

関連所轄官庁からの要求を受けた場合、トルコ領海内の港または沖合いターミナルに向かう船舶は、トルコ領海内に入る前に、トルコ領内に所在する代理店を通じて、最寄の港湾局に保険契約承諾証のコピーを提出する必要があります。トルコ当局は、保険規則の遵守を促進するために、入港許可取得手続きの一環として現地代理店が港湾局へ必要な書類を提出できるように「Port Management Information System(LYBS)」を制定しています。

港湾局は、保険契約承諾証が提出され規則の遵守が確認されるまで、入港、停泊、錨泊の許可を出さない見込みです。規則の違反に対しては、500−20,000トルコリラ(約US$300−US$11,600)の過怠金が科される可能性があります。

保険規則は、海事クレーム対する船主の保険に関する2009年4月23日付欧州議会並びに欧州理事会の指令2009/20/EC(指令)をモデルとしており、同指令に関する2010年1月13日付特別回報第09-012号「欧州連合(EU)−海事クレームに対する船主の保険に関する指令(Insurance Directive)」をあわせてご参照下さい。

以上


<日本船主責任相互保険組合>


09:00