トップ > Japan P&I News JP

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

Japan P&I News >> 記事詳細

2004/12/13

No.514 追加補償基金(3rd Tier)議定書発効とSTOPIA実施の件

| by:sysadmin
No.514
2004年12月13日

追加補償基金(3rd Tier)議定書発効とSTOPIA実施の件


2003年6月3日付P&I特別回報第03−005号「1992FC(国際基金条約)に対する追加基金制度創設の件」及び2004年11月29日付P&I特別回報第04−012号「小型タンカー油濁補償協定(STOPIA)について」をご参照願います。3rd Tier議定書発効及びSTOPIA構想の実施につき以下のとおりご報告申し上げます。
  1. 3rd Tier議定書の発効
  2. 3rd Tier議定書は、2004年12月3日、スペインの批准を以って発効要件を満たし、その3ヵ月後の2005年3月3日に発効することとなりました(2004年12月7日付IOPC Fundプレスステートメントご参照)。


    (ご参考)発効要件

    1992FC締約国のうち8カ国以上が批准し、かつ年間合計拠出油量が450百万トンに達した3ヵ月後に発効します。


    (a) 2004年12月3日現在の批准国:

     デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルランド、日本、ノルウェー、スペイン


    (b) 上記8カ国の年間合計拠出油量

    約532百万トン


  3. STOPIAの実施
  4. 2005年3月3日の3rd Tier議定書発効と同時に、STOPIA構想が同協定に基づき実施されることとなります。現在、STOPIA協定書は仕上げの段階にあり、詳細判明次第別途報告申し上げます。


以上


<日本船主責任相互保険組合>


添付ファイル:514.pdf


09:00