トップ > P&I 特別回報

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

P&I 特別回報

 
P&I 特別回報 >> 記事詳細

2017/12/28

P&I特別回報 第17-012号 米国沿岸警備隊 (USCG) - 油濁事故対応計画書 Vessel Response Plans (VRPs)

| by:業務部編集用

印刷用:No.17-012(J)

17-012

20171228

 

外航組合員各位


米国沿岸警備隊 (USCG)

油濁事故対応計画書 Vessel Response Plans (VRPs)

  • ハワイ州、201811日発効
    Dispersant Tier 1 and Average Most Probable Discharge (AMPD) Coverage

  • 油濁清掃業者 Oil Spill Response Organisations (OSROs): 
    Marine Spill Response Corporation (MSRC)National Response Corporation (NRC) 及び Clean Islands Council (CIC) について


ハワイ州

MSRCNRCは、201811日以降、ハワイ州で義務付けられているOSROのカバーは全て、MSRCNRCにより直接提供されることを船主各位に案内しています。この2社は、ハワイ州のBarbers Point係留所で油移送作業を行うタンカーのAMPD事故と、ハワイ州を航行するtank vesselsnon-tank vesselsに対するDispersant Tier 1にも対応します。

 

現在、これらのサービスはCICが提供していますが、同社による同サービスは20171231日をもって終了します。

 

MSRCNRCは、油濁事故対応に関する現行のOPA 90標準サービス契約書により、ハワイ州でより優れた油濁事故対応サービスをtank vesselsnon-tank vesselsの船主に対し提供します。同契約書内容は、国際P&Iグループ(IG)の油濁事故対応計画ガイドラインに準拠しており、契約書には次のフッターがつけられています。

 

MSRC – 27 September 1996

NRC – 15 September 2004

 

ハワイ州に寄港したことのあるメンバーは、CICの契約書文言がIGの油濁事故対応計画ガイドラインに準拠しておらず、追加保険(CO-OPS保険)手配が推奨されていたことをご存知かと思います。油濁事故対応計画書にMSRCまたはNRCOSROとして記載していた船主は今後、ハワイ州における油濁事故対応サービスを受けるためにCICと契約を締結する必要はなくなります。ハワイ州を航行する船舶の追加保険手配も不要になります。

 

 

MSRC

MSRCは、MPAのメンバー会社のために、拡大されたOSROカバーを提供できるよう、また対応計画にMSRCを記載できるよう、必要な資機材や人員を準備し、米国本土からいくつかの資機材を移動配備する予定です。Tank vesselsおよびnon-tank vesselsの船主は、MPAメンバーであれば、ハワイ州におけるMSRCDispersant Tier 1AMPD事故に対応する資機材を、ハワイ州全土で利用することができます。それにより、MSRCUSCG規則で定められている対応計画の要件を満たし、ハワイ州を航行するtank vesselsおよびnon-tank vesselsの船主に完全なサービスを提供することが可能となります。さらに、MSRCは外部の島々に寄港する船舶への対応能力も強化します。

 

MSRCはハワイ州でのサービスに加え、予定されている期間内で米領カリブ海諸島の設備のいくつかを、船舶輻そう海域の一つである米領ヴァージン諸島のSt Croixに移送展開することにより、必要なOSRO格付をUSCGから得られることになっています。このMSRCのサービスは、St CroixCaptain of the Port Zone (COPZ)を通航する船舶とSt Croixに寄港する船舶も利用できます。MSRCは、プエルトリコでも要員配置と資機材配備を継続します。

 

さらに、MSRC は五大湖とミシシッピ川を航行する船舶に対してもOSROカバーを提供します。船主は、そこを航行する際の油濁事故対応計画にMSRCを記載したいのであれば、MSRCの書面による許可が必要となります。

 

California State requirements for Port Hueneme and Monterey – Effective 1 January 2018

MSRCは、カリフォルニア州のPort Huenemeに寄港する船主に対して、同州規則の要求に適合するサービスの提供が可能です。それらには、カリフォルニア州規則上のtank vesselsとnon-tank vesselsに対するスキミングや海岸線保護要求への対応が含まれます。MSRCは引続き、サンタバーバラ海峡を通過する船舶に対しても同様のカバーを提供しています。MSRCは、カリフォルニア州より必要とされるOSROの格付を取得しており、利用者はMSRCの契約をOSRO提供業者として記載することが認められ、かつ、カリフォルニア州のMonterey沖で同サービスを必要とする船舶もまたMSRCの名前を記載することが認められています。

 

 

NRC

NRCは、現行のOSRO格付カバーをハワイ州まで拡大し、同州規則遵守のため、船主にAMPD事故に対応するサービスを提供すべく追加対応設備を配置します。

 

ホノルルにおけるNRCによるUSCGOSROカバー展開に伴い、NRCを油濁事故対応計画に記載している船主は、CICまたはMPA/MSRCと契約を締結する必要はなくなります。

 

 

CIC (Clean Island Council)

ハワイ州のCICは、MPA/MSRCと合併します。CICは、空中監視、訓練、海上消火活動などの、OSRO以外のサービスを提供する会社として存続する予定です。CICのサービス契約は、IGの海難救助・海上消火活動(SMFF)に関するガイドラインに準拠していません。

 

全ての船主は、米国就航に必要な油濁事故対応計画にSMFFを既に記載しており、USCGは、現在のところ全てのSMFF提供業者がハワイ州において適合済であると考えていると、IGでは理解しています。SMFF提供業者であるArdentDonjon SmitMarine Response AllianceResolve Salvage & Fire (Americas) IncおよT&T Salvage, LLCの契約の資金面での協定は、米国VRP救助業者との契約を挿入する際のIGガイドラインに準拠しています。

 

IGの全てのクラブが、同様の内容の回報を発行しています。

以上

09:44