トップ > Japan P&I News JP

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

Japan P&I News >> 記事詳細

2017/07/27

Japan P&I News No.908 アジア海賊対策地域協力協定情報共有センター(ReCAAP ISC) 2017年上半期報告書について

| by:損害調査部編集用

印刷用:No.908(J)

 

No.908

2017年7月27日

 

外航組合員各位

 

アジア海賊対策地域協力協定情報共有センター (ReCAAP ISC)

2017年上半期報告書について

 

アジア海賊対策地域協力協定情報共有センター(ReCAAP ISC)2017上半期の報告書を発行しましたので、ReCAAP ISCのウェブサイトwww.recaap.orgをご参照ください。

 

同報告書によれば、20171月から6月までのアジア地域での海賊行為は36件報告されており、2016年の同時期に生じた46件に比して22%減少したとのことです。

インド、インドネシア、ベトナムで改善が見られるものの、船舶を乗っ取り、積荷の貨物を強奪する事件がマレーシア沖で発生しており、同様の手口は201610月にも報告されています。

 

スル海、セレベス海やサバ東部海域における乗組員の誘拐事例の増加傾向は深刻であり、20171月から6月の間に7件発生しています。2017630日時点で、20163月以降に誘拐された59人の乗組員のうち、依然として18人の乗組員が囚われの身となっていることから、ReCAAP ISCは可能な限り同エリアの航行を控えるよう推奨するとともに、航行する場合には船長および乗組員に対して警戒強化に努め、関係官庁に報告することを強く推奨しています。

 

以上

 

日本船主責任相互保険組合

損害調査部

Tel:            +81 3 3662 7221

Fax:            +81 3 3662 7400

E-mail:        claims-dpt@piclub.or.jp


17:00