トップ > Japan P&I News JP

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

Japan P&I News >> 記事詳細

2017/06/13

Japan P&I News No.900 カタールと湾岸諸国との国交断絶による航行への影響について(その2)

| by:業務部編集用

印刷用:No.900(J)

 

No.900

2017年6月13日

 

外航組合員各位

カタールと湾岸諸国との国交断絶による航行への影響について(その2)

 

題記の件に関し、アラブ首長国連邦のコレスポンデンツGulf Agency Company (Dubai) L.L.C.より以下の国との航行に関する続報を受領いたしましたのでご参考に供します。


アラブ首長国連邦

フジャイラ港

  • カタール籍船及び(一部・全部所有を問わず)在カタール企業・カタール人所有船(カタールの保険会社が保険引受をしている船舶を含む)のカタールから、及びカタール向けの出入港禁止。

  • カタール産の貨物の積み下ろし禁止。

  • UAE産カタール向けの貨物の積みの禁止。

  • 2017年6月12日付でPort of Fujairahが発行した船員向け通知書によれば、Port of Fujairahはフジャイラの代理店に対し、カタール籍船とカタール人所有の船舶を除き、カタールより入港した、及びカタールへ向けて出港する船舶につき錨泊地でのbunkering、de-slopping、清水食糧供給を許可する旨を口頭にて伝えた。しかし、船員交代は認められない。
    なお、許可は口頭でのものであり、上記情報の確度については現地代理店に必ず確認すること。


続報が入り次第、ご案内申し上げます。 

以上

 

日本船主責任相互保険組合

 

添付ファイル:Port of Fujairah発行Notice to Mariners No.225


14:00