トップ > 関連 Japan P&I News

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

関連Japan P&I News

 
関連 Japan P&I News >> 記事詳細

2017/05/01

Japan P&I News No.890 アルゼンチン-Parana Riverで座礁多発、航行船舶への注意勧告

| by:ロスプリベンション推進部編集用
印刷用:No.890(J)
No.890
2017年5月1日

外航組合員各位  

アルゼンチン-Parana Riverで座礁多発、航行船舶への注意勧告
 
題記の件に関し、アルゼンチンのコレスポンデンツPandi Liquidadores S.R.Lより添付のサーキュラーを受領しましたのでご参考に供します。

Parana Riverでは、2017年4月18日より主要航路となった“PASO CORTADA ISLA NUVEA” (河口335kmから345kmの水域)で、短期間に3件の座礁事故が発生したとのことです。

新しい航路のため同地は海図へ反映されておらず、外航船の航行に関してパイロットの経験不足も要因とされています。同地の概要については、同コレスポンデンツのホームページ(http://www.pandi.com.ar/site/news?id=43)よりご確認いただけます。

対策として、既存の紅色ブイに加え、緑色ブイを3基設置して航路誘導が強化されることになりました。

当該海域を航行する船舶は十分注意の上、なお不安があればCoast GuardにVHFで指示を仰ぐよう注意喚起を行なっております。

実際の寄港に際しては現地代理店に詳細をご確認されることと思いますが、十分にご注意ください。

各船舶のご安航を祈念いたします。

以上


日本船主責任相互保険組合
ロスプリベンション推進部
Tel:+81 3 3662 7229
Fax:+81 3 3662 7107
E-mail: lossprevention-dpt@piclub.or.jp


09:00