トップ > P&I 特別回報

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

P&I 特別回報

 
P&I 特別回報 >> 記事詳細

2016/05/30

P&I特別回報 第16-006号 米国Vessel Response Plans (油濁事故対応計画書) アラスカ州とオレゴン州

| by:(使用不可)国際部 編集用

印刷用:No.16-006(J)

第16-006号

2016年5月30日

 

外航組合員各位

 

米国Vessel Response Plans (油濁事故対応計画書)

アラスカ州とオレゴン州


  • 西アラスカ
  • Alternative Planning Criteria - Alaska Response Company, LLC (ARC)
  • Aleutians Spill Control, Inc (ASCI)

 

  • 南東アラスカ
  • South East Alaska Petroleum Response Organization, Inc (SEAPRO)

 

  • オレゴン
  • Coos Bay Response Co-operative (CBRC)

 


西アラスカ

 

題記の件に関し、2015年6月5日付特別回報第15-004号をご参照下さい。同回報にて、米国諸港を出港して西アラスカ水域を航行する場合、そして米国諸港に寄港するために西アラスカ水域を航行する場合、Non-tank vesselは連邦法の要求を満たすためにAlternative Planning Criteria (APC)を遵守しなければならないことをご案内いたしました。

 

これまでAPCの要件を満たすためには、西アラスカにおけるサービス提供者であるAlaska Maritime Prevention and Response Network (AK-AMPRN)かNRC/Resolve’s 1 Call Alaskaかのいずれかと契約しなければなりませんでした。

 

今般、第3のAPC提供者として、米国内各港から出港後に通過する、逆に米国へ寄港する際に通過する、もしくは大圏航路を取る際に通過するWest Alaska COTP Zone (アリューシャン列島、Bristol Bay、そしてKodiak Island sub-areasを含む)をカバーする業者として、Alaska Response Company (ARC)がU.S. Coast Guard (USCG)から承認されました。今回の認可は、ARC Planの中でARCと特別な関係にあるAleutians Spill Control, Inc (ASCI)を下請けとすることでおりたものです。契約書は国際P&Iグループとしてレビューし、認容可能なものであること確認しています。

 

 

ARC Enrolment Agreement (Non-tank Vessels)

当該加入合意書には以下のフッターが付されています。

 

Version May 17, 2016 Part I – Required Enrolment Information

Version May 17, 2016 Part II – Terms & Conditions

 

 

Aleutians Spill Control, Inc (ASCI) – Oil Spill Response Agreement

Aleutian Spill Control Response Agreementは国際P&Iグループでレビューされ、US Vessel Response Plansのための国際P&Iグループのガイドラインに沿ったものであることが確認されています。

ガイドラインに沿っている契約書には以下のフッターが付されています。

 

Oil Spill Response Agreement Aleutians Spill Control, Inc Dated May 1, 2016

 

 

料金

Alaska Response Company,LLCとAleutians Spill Control, Incの費用についてはthe Aleutians Spill Control contractの別紙C、別紙Dに記載されています。

 

Alaska Response CompanyのAPCに関する情報は以下のリンクから得られます。

http://www.alaskaresponse.com

 

 

ARC Planの利用可能性

現状ではARC PlanはNon-tankvesselsにのみ適用されることご案内いたします。

 

 

南東アラスカ

 

この海域に関しSouth East Alaska Petroleum Response Organization, Inc (SEAPRO)が提示している契約書は国際P&Iグループの承認しているものです。したがって、船主はSEAPROと契約していれば船舶が南東アラスカの諸港に入る際に、追加カバーの保険を手配する必要はありません。ガイドラインに沿っている契約書は以下のフッターが付されています。

 

SEAPRO/CLIA-NWC-Cruise Ship Contract – April 11, 2016

 

 

オレゴン

 

The Coos Bay Response Co-operative (CBRC) “Umbrella” Oil Spill Contingency Plan (February 2014)は国際P&Iグループによりレビューされました。同Planは船主のP&I Coverを阻害するようなものを含んでいません。よって、オレゴン州で要求される油濁対応計画書を満たすためにCoos Bay海域を通過する船舶をカバーする同Planに加入を考えている船主は、追加の保険カバーを手配する必要はありません。

 

Enrolment Plan (Parts 1&2)は次のフッターが付されています。

2/05/2014

 

 

国際P&Iグループの認容する文言ではないその他の契約書について

 

アラスカ、オレゴンとハワイの油濁清掃業者の中には国際P&Iグループのガイドラインに沿っていない業者もいることにご注意ください。その場合、前述のような地域に配船する場合には追加保険の手配が必要となることがあります。追加保険の手配の詳細については各クラブにご連絡ください。

 

国際P&Iグループでは、追加保険が不要となるようかかる業者に対し、国際P&Iグループのガイドラインに従った契約書にするよう働きかけを行っています。

 

 

国際P&Iグループの全てのクラブが同様の内容の回報を発行しています。

以上

 



13:59