トップ > P&I 特別回報

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

P&I 特別回報

 
P&I 特別回報 >> 記事詳細

2016/04/15

P&I 特別回報 第16-001号 イラン航海におけるP&Iカバーについて(続報) - 穴埋め再保険カバー限度額の増額

| by:国際部 編集用

印刷用:No.16-001(J)

第16-001号

2016年4月15日

 

外航組合員各位

 

 

イラン航海におけるP&Iカバーについて(続報)

穴埋め再保険カバー限度額の増額

 

 

題記の件に関し、2016年3月22日付特別回報第15-020号をご参照ください。

 

従前お知らせしましたとおり、今般国際P&Iグループは、2016保険年度についていわゆる「穴埋め再保険カバー」の手配をしました。これは、IG再保険プログラムとHydra再保険プログラムに参加している米国再保険者が、米国一次制裁により、再保険金を支払えないということから生ずる再保険カバーの不足を補うためのものです。

 

従前「穴埋め再保険カバー」の限度額は70百万ユーロでしたが、今般国際P&Iグループは、同限度額を100百万ユーロへ引き上げることに成功しました。また、2回までの自動復元条項(カバー限度額を使い果たした場合に追加再保険料を支払うことでカバーを復活させることができる条項)が付帯されています。その他の保険カバーの内容については変更ありません。

 

カバー限度額が増額され、自動復元条項が追加されていますが、「穴埋め再保険カバー」には限度額があることから、国際P&Iグループとしては長期的な面で組合員のニーズに応えられていないと考えております。国際P&Iグループは、米国一次制裁の継続適用により生ずるP&I保険カバーへの悪影響を避けるべく、今後も米国当局と交渉を継続していき、随時組合員にご案内することとします。

 

国際P&Iグループの全てのクラブが同様の内容の回報を発行しています。

 

以上




11:36