トップ > Japan P&I News JP

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

Japan P&I News >> 記事詳細

2001/12/05

No.401 比国最高裁によるPOEA改定雇用契約の適用停止命令について 他

| by:sysadmin
No.401
2001年12月05日


1.比国最高裁によるPOEA改定雇用契約の適用停止命令について


本年9月25日付ロイズリストが、フィリピン最高裁がPOEA改定雇用契約の差止めを求める請求を棄却した旨を報じ、その内容は本年9月26日付Japan P&I News第390号でもお知らせしましたが、これにより2000年9月11日に最高裁が発令したPOEA改定雇用契約の一部条項に関する適用停止命令が解除されたとの誤解を生じている可能性があるため、以下整理してお知らせいたします。


2000年6月に施行されたPOEA改定雇用契約の差止めを求めた最高裁への訴訟には、弁護士事務所Linsanganが2名の船員を代理して提起したものと、海員組合であるMARINOその他の団体が提起したものの二つがありました(各Japan P&I News第315号、第319号参照)。上記ロイズリストの記事は前者の訴訟が棄却された事について報じたものであり、POEA改定雇用契約の一部条項に関する適用停止命令は後者の訴訟提起を受けて最高裁が発令したもので、この訴訟は現在も係争中です。従いまして、同適用停止命令も有効のままであり、POEA雇用契約の災害補償に関する規定は、改定以前の旧雇用契約が適用されるという状態が依然として継続しております。
新たな進展があれば、またお知らせいたします。


以上


2.シンガポールでの補油問題


シンガポールに本拠を置く燃料油の専門家Marine Fuel Consultants International Pte Ltd.からの情報によりますと、シンガポールで給油された燃料油の使用が原因で、少なくとも15隻の船舶にエンジントラブルが生じ、現在までに2隻の船舶が航海不能となり最寄りの港に曳航されているようです。シンガポール港湾当局は、エンジントラブルを発生させた燃料油を供給した2隻の給油船(M.T. ALEXANDREA, M.T.MEMPHIS)を特定し、これら2隻の給油許可書を停止しています。ご参考まで、本件に関し、シンガポール港湾当局が発行したサーキュラーを次の通りご案内致しますので、ご注意ください。


QT
MARITIME AND PORT AUTHORITY OF SINGAPORE
PORT MARINE CIRCULAR
NO. 32 OF 2001
26 Nov 2001
Bunker Suppliers and Bunker Craft Owners / Operators
Shipping Community


POTENTIAL HARMFUL COMPONENTS IN BUNKER FUELS

  1. It has been reported recently that some bunker fuel delivered in the port ofSingapore contained potential harmful components and some ships that received thecontaminated bunker fuels have experienced serious problems including filter clogging andsticking of high pressure fuel pumps.
  2. MPA has identified the names of the two bunker tankers involved in the delivery ofthe alleged contaminated bunker fuels. In order to isolate the problem and to safeguardSingapore’s reputation as a bunker port, MPA has suspended the licenses of the twobunker tankers which are SB 469B (M.T. ALEXANDREA) and SB 435H (M.T. MEMPHIS) whileinvestigations continue.
  3. Bunker suppliers and bunker craft operators are hereby reminded that bunker fuelsdelivered to vessels in port shall comply with the ISO 8217 standard. Attention is drawnto the general requirements of the standard that the fuel should not include any addedsubstance or chemical waste which jeopardizes the safety of ships or adversely affectsthe performance of the machinery, or is harmful to personnel.
  4. Any bunker supplier or craft operator found delivering contaminated bunker fuels toships may have its bunkering license suspended or cancelled.
D’CRUZ F DONALD
for PORT MASTER
MARITIME AND PORT AUTHORITY OF SINGAPORE
TEL : 3252581
FAX : 3252454
UNQT

以上


<日本船主責任相互保険組合>


09:00