トップ > P&I 特別回報

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

P&I 特別回報

 
P&I 特別回報 >> 記事詳細

2015/12/24

第15-013号 米国Vessel Response Plans (油濁事故対応計画書) California Shoreline Protection – MSRC – So Cal Ship Services (SCSS)

| by:国際部 編集用

印刷用:No.15-013(J)

第15-013号

2015年12月24日

 

外航組合員各位

 

米国Vessel Response Plans (油濁事故対応計画書)

California Shoreline Protection – MSRC – So Cal Ship Services (SCSS)

 

2016年1月1日以降、MSRCはSanta Barbara海峡南向け航路を通航する船舶やPort Hueneme, Californiaに寄港する船舶に対するCalifornia Shoreline Protection (CASP)並びにOn Water Response Coverageに関するサービス提供を中止します。

 

一方、2016年1月1日より、Santa Barbara海峡南向け航路を通航する船舶やPort Hueneme, Californiaに寄港する船舶がカリフォルニア州規則を遵守できるようにSo Cal Ship Services (SCSS)が当該サービスを提供します。

 

So Cal Ship Services Shoreline Protection Agreementの文言は国際P&Iグループ(IG)のガイドラインに沿った内容となるよう改定されており、同Agreementには以下のフッターが付されています。

 

“SQMS-ADM-500 SLP-SBC Agreement-Rev 0-0 12-15”

 

上記変更はCalifornia Tank and Non-tank Vessel ResponsesにMSRCを記載していて、Santa Barbara海峡を通航もしくはPort Huenemeに寄港する船舶にのみ影響します。

 

国際P&Iグループの全てのクラブが同様の内容の回報を発行しています。

 

以上

 


11:41