トップ > Japan P&I News JP

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

Japan P&I News >> 記事詳細

2015/11/06

No. 780 フィリピン - ニッケル鉱の液状化問題について

| by:損害調査部編集用

印刷用: No.780 (J).pdf 

No. 780
2015
116

 

外航組合員各位

 

フィリピン - ニッケル鉱の液状化問題について

 

「インドネシア及びフィリピンからのニッケル鉱の安全輸送について」と題する当組合回報第10-026をご参照下さい。2014年からインドネシアがニッケル鉱の輸出を禁止したことから、フィリピンから輸出されるニッケル鉱が増えております。さらに、現在、現地が雨季ということもあり、該貨の液状化問題が発生しているようです。現地のP&Iコレスポンデンツ(Pandiman Philippines, Inc)のサーキュラー及びその試訳をご参考に供し、組合員の皆様に今一度注意喚起をお願いする次第です。

 

なお、当該サーキュラーはあくまでPandiman Philippines, Incが作成したものであり、本文に出てくる業者及び特定企業を当組合が推奨しているものではありません。

以上

日本船主責任相互保険組合

損害調査部

Tel:  03 3662 7219

Fax: 03 3662 7107

E-mail: claims-dpt@piclub.or.jp

Website: https://www.piclub.or.jp

添付ファイル: 
No.780 Attachment (J).pdf (試訳)
                    
No.780 Attachment (E).pdf (原文)


18:31