トップ > Japan P&I News JP

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

Japan P&I News >> 記事詳細

2015/07/28

No.751 BIMCO GUARDCON – 民間海事警備会社による非公認改定について

| by:国際部 編集用

印刷用:No.751(J)

No.751

2015年7月28日

 

外航組合員各位

 

BIMCO GUARDCON – 民間海事警備会社による非公認改定について

 

題記の件に関し、2012年3月29日付特別回報第11-029号及び2014年4月9日付特別回報第14-001号をご参照下さい。当該特別回報にて、国際P&Iグループの協力の下BIMCOが作成した民間海事警備会社(PMSCs)の配乗に用いるBIMCO GUARDCON並びにその西アフリカでの使用のために推奨する改定文言についてご案内しました。

 

最近、BIMCOより多数のPMSCsが船主との契約に際してGUARDCONの非公認コピーを使用しているとの注意が出されました。BIMCOによると、非公認で用いられる契約書の文言は本来のGUARDCONの文言とは異なっており、PMSCsの責任を軽減するものとなっている場合があるそうです。改定箇所が契約書の中で明確に示されていないため、どこが改定されたのかを特定するのが困難な場合があります。

 

本来のGUARDCONのコピーはBIMCOのオンライン編集システムIDEA2より入手できます。BIMCOはPMSCsから提示されたGUARDCONがIDEA2から直接プリントされたものかどうか確認することを推奨しており、疑わしい場合にはBIMCO事務局に連絡すればそのチェックを行うとしています。

 

更なる情報についてはBIMCOのウェブサイトをご参照下さい。

https://www.bimco.org/sitecore/content/home/news/2015/07/21_turning_the_tide_on_homemade_guardian_contracts

 

以上

 

日本船主責任相互保険組合

 


13:36