トップ > P&I 特別回報

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

P&I 特別回報

 
P&I 特別回報 >> 記事詳細

2015/02/23

第14-023号 米国Vessel Response Plans (油濁事故対応計画書) – アラスカ及びグアム追加案内

| by:契約総括部編集用

印刷用:No.14-023(J)

第14-023号

2015年2月23日

 

外航組合員各位

 

米国Vessel Response Plans (油濁事故対応計画書)

-アラスカ及びグアム追加案内

 

  • 西アラスカ

Alaska Maritime Prevention and Response Network(AK-AMPRN)

Alaska Chadux

  • グアム

Guam Response Services Limited (GRSL)

Oil Spill Response Operations Company LLC (OSROCO)

 

題記の件に関し、2014年1月23日付特別回報第13-023号をご参照下さい。

 

西アラスカ

 

米国諸港を出港して西アラスカ水域を航行する場合と米国諸港に寄港するために西アラスカ水域を航行する場合、Non-tank vesselsは連邦法の要求を満たすためにAlternative Planning Criteria (APC)に従わなければなりません。APC要求を満たす現在唯一の方法はAlaska Maritime Prevention and Response Network (AK-AMPRN–“Network”)に加入することです。これまでNetworkの加入契約書及び第一次対応業者であるAlaska Chaduxの契約書はどちらもVessel Response Planに関するIGガイドラインに沿ったものではなく、当該契約書にサインした場合、通常のP&Iカバーの対象にならない責任を負わされるリスクがありました。

 

国際P&Iグループ(IG)ではNetwork及びAlaska Chaduxと綿密な協議を行い、その結果、各契約書の条件に関する問題点は以下の通り解決に至りました。

 

Alaska Maritime Prevention and Response Network (AK-AMPRN)

 

Networkの加入契約書の文言はIGガイドラインに沿った内容に改定されました。IGガイドラインに沿った加入契約書には以下のフッターが付されています。


“Network Enrolment Agreement Part II – Terms and Conditions [02.2015v1]”

 

従いまして、2015年2月20日以降にNetworkに加入する組合員は追加保険を購入する必要はありません。

 

現行のIGガイドラインに沿っていない加入契約書で未だ加入している組合員は、Networkにコンタクトし新たなIGガイドラインに沿った契約書に変更することをお勧め致します。新たなIGガイドラインに沿った契約書に変更できない組合員向けに、IGは通常のP&Iカバーの対象にならない現行の加入契約書に含まれる補償条項から生じる責任をカバーする追加保険を手配しています。当該追加保険は現行のIGガイドラインに沿っていない加入契約が期間満了となるまで組合員に追加保険料のご負担を求めることなく提供され、組合員は西アラスカを航行する際にクラブに連絡する必要はありません。

 

 

Alaska Chadux

 

Networkに加入した場合、油濁事故発生の際にAlaska Chaduxと契約する必要があります。また、西アラスカに寄港する場合は、Tanker及びNon-tank vesselともにAlaska Chaduxと直接契約する必要があります。

 

これまでAlaska Chaduxの契約書はIGガイドラインに沿ったものではなく、当該契約書にサインした場合、通常のP&Iカバーの対象にならない責任を負わされるリスクがありました。今般、Alaska Chaduxの契約書の文言はIGガイドラインに沿った内容に改定され、従いまして、今後はAlaska Chaduxとの契約に際して追加保険を購入する必要はありません。

 

IGガイドラインに沿った契約書には以下のフッターが付されています。

 

“Non-Member RAC(Network Form v2)”

 

 

グアム

 

Guam Response Services Limited (GRSL)

 

2015年1月19日時点、GRSL(同社の契約書はIGガイドラインに沿っていません)はもはや新規加入者へのサービス提供を行っておらず、同社は2015年3月1日頃に営業を停止するとの連絡を受けています。

 

Oil Spill Response Operations Company LLC (OSROCO)

 

2015年2月20日時点、OSROCOは同エリアにおける唯一の油濁対応業者(OSRO)となっています。OSROCOの契約書はIGガイドラインに沿ったものになっています。契約書は以下のフッターが付されています。

 

“OSRO Designation and Emergency Response Services Agreement 01 February 2015”

 


その他のIGガイドラインに沿っていない契約書

 

Network及びAlaska Chadux以外のアラスカにおけるいくつかの油濁対応契約書及びオレゴンやハワイにおける油濁対応計画書の中にはIGガイドラインに沿っていないものがあります。当該エリアを航行する際には追加保険が必要になる場合があります。追加保険の詳細については当組合までご照会下さい。

 

IGは追加保険が不要となるように該当業者とIGガイドラインに沿った契約書への改定を求めて協議を続けていきます。

 

国際P&Iグループの全てのクラブが同様の内容の回報を発行しています。

 

以上

 

 

 


11:00