トップ > P&I 特別回報

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

P&I 特別回報

 
P&I 特別回報 >> 記事詳細

2014/12/24

第14-017号 海難残骸物の除去に関するナイロビ国際条約の発効について(その2)

| by:契約総括部編集用

印刷用:No.14-017(J)

 

14017

20141224

 

外航組合員各位


8行目)

1行空ける)

海難残骸物の除去に関するナイロビ国際条約の発効について(その2)


題記の件に関し、20141111日付特別回報14-010にて、「2007年の海難残骸物の除去に関するナイロビ国際条約(船骸撤去約-Wreck Removal Convention)」(以下、WRCという)が2015414日に発効することになった旨をお知らせしました。

 

WRC12条に従って、締約国に登録されている又は締約国の港に入港・出港する300G/T以上の船舶の登録船主は、この条約に基づく責任を担保するため、適用可能な国際的な又は国内の関係責任制限制度に基づく責任の限度額に等しい額の保険又は銀行若しくは同様の金融機関の保証のような他の金銭上の保証を維持しなければなりません。ただし、その額は、1976年の海事債権についての責任の制限に関する条約(将来の改正を含む。)第61項(b)に従って計算される額を超えないものとなります。さらに、WRC締約国から保険その他の金銭上の保証が有効であることを証明する証書を取得する必要があります。国際P&Iグループ(IG)加盟全クラブは同証書取得のために必要なブルーカードを発行することで合意しています。

 

WRCで要求される証書は船舶が条約締約国に登録されている場合、その国が発行するものでなければなりませんが、非締約国に登録されている場合、締約国の担当当局が発行するものを取得する必要があります。

 

IGとの協議の結果、以下に掲げる条約締約国4ヶ国の海事当局が、WRCの円滑な発効および船主に対する支援目的で、非締約国登録船に関して証書を発行することでこのたび原則合意しましたのでご案内します。ただし、発行に際しては各国が条件を付すことがあります。

 

各関係海事当局のウェブサイトにリンクが掲載されていますが、WRC証書取得申請に関する情報を公開しているのはドイツのみであり、各国の具体的な必要手続きはまだ確定していないのでご留意ください。

 

英 国

英国海事沿岸警備庁("The UK Maritime and Coastguard Agency" - MCA)が対応しますが、CLC、バンカー、アテネ条約に関する各証書の更新手続きを優先的に処理したうえで、WRC証書新規発行申請の対応となり、先ず英国登録船、既存のMCA利用者で英国に寄港する船舶、英国以外の第三国登録船の順で受付けを行うことになります。MCAによれば相当量の申請が集中することが予想されるため、WRC証書発行に遅れが出る可能性があるようです。

申請先は次のとおりです:

Mr T. Cornish

Maritime and Coastguard Agency,

Spring Place,

105 Commercial Rd,

Southampton,

United Kingdom

SO15 1EG

www.mca.gov.uk

 

 

ドイツ

BSH(連邦海事水路局。ドイツの証書発行機関)が対応しますが、証書発行はドイツ登録船、ドイツ寄港船、ドイツ船社運航船に対して優先的に行われます。さらにCLC、バンカー、アテネ条約に関する各証書の更新手続きを優先的に処理するようです。WRC証書に関する申請は、本回報発行日以降WRC発効日である2015414日までの間、いつでも可能です。ただし、BSHによれば相当量の申請が集中することが予想されるため、WRC証書発行に遅れが出る可能性があるようです。

申請先は次のとおりです:

Ms G. Tungler

Bundesamt FürSeeschifffahrt Und Hydrographie (BSH)

S43 Bernhard – Nocht – Str. 78

20359 Hamburg

Germany

 

 

デンマーク

デンマーク海事局(The Danish Maritime Authority - DMA)が対応しますが、デンマーク登録船、フェロー諸島登録船、デンマーク寄港船、およびデンマーク船社運航船に対するWRC証書発行が優先されます。その他のWRC証書申請は申請処理・件数に関するDMA内部基準に従うことになりますが、CLC、バンカー、アテネ条約に関する各証書の更新手続きが優先的に処理される見込みです。インターネットによるWRC証書申請については、まだ申請先アドレスや詳細は未定ですが、CLC、バンカー、アテネ条約に関する各証書申請用と同様の内容になるようです。

郵送による申請先は次のとおりです:

Danish Maritime Authority

Carl Jacobsens Vej 31

2500 Valby

Denmark

www.dma.dk

 

 

マーシャル諸島

インターナショナル・レジストリーズ(International Registries, Inc.)が対応しますが、マーシャル諸島登録船に対するWRC証書申請が優先されます。現在、パナマ登録船に対するWRC証書発行を可能にするべくパナマ登録機関と交渉が行われています。パナマ登録船運航組合員におかれましては、他国のWRC証書取得に先駆けてパナマ登録機関担当窓口よりマーシャル諸島による同証明書発行につき詳細情報を収集されますことをお薦めします。

証書申請先は次のとおりです:

Maritime Administrator for the Republic of theMarshall Islands

International Registries, Inc.

Attn: Vessel Administration

11495 Commerce Park Drive

Reston, Virginia 20191-1506

USA

www.register-iri.com

 

 

本回報発行時点におけるWRC締約国は以下のとおりとなっています:

 

締約国一覧(20141222日現在)

国名

寄託日

発効日

ブルガリア *

201228

2015414

コンゴ共和国

2014519

2015414

デンマーク *

2014414

2015414

ドイツ

2013620

2015414

インド

2011323

2015414

イラン

2011419

2015414

マレーシア

20131128

2015414

マーシャル諸島 *

20141027

2015414

モロッコ

2013613

2015414

ナイジェリア

2009723

2015414

パラオ

2011929

2015414

英国 *

20121130

2015414

*)適用範囲を領海まで拡大する国

 

 

国際P&Iグループの全てのクラブが同様の内容の回報を発行しています。

 

1行空ける)

※ヘッダー部分及びタイトルの位置は変えないでください。

 

・ページ設定→文字数と行数→「標準の文字数を使う」

・タイトル・本文ともにMS明朝、英数字に関してはBookman old styleにする。

・行間は1行。

・段落→配置→両端揃え。

2枚以上ならページ番号振る。1枚だけならページ番号不要。

・余白:上20㎜、下10㎜、左25㎜、右25㎜(但し、レイアウト等の関係で余白が必要な場合には左右のみ5㎜ずつ程度少なくしてもよい)

 

 

以上



14:14