トップ > Japan P&I News JP

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

Japan P&I News >> 記事詳細

2014/09/24

No.698 西アフリカにおけるエボラ出血熱の流行について(その18)

| by:契約総括部編集用

印刷用:No.698(J)

No.698

2014年9月24日

 

西アフリカにおけるエボラ出血熱の流行について(その18)

 

題記の件に関し、南米各国の対応措置に関するSouth American P&I Correspondents (SAPIC)作成サーキュラーのアップデート版を当組合試訳とともにご参考に供します(赤字箇所が変更されました)。今回の変更点は以下の通りです。

 

Argentina

Health Authorityより、エボラウィルス感染国から来る船舶はPilot乗船前もしくは入港前にHealth border inspectorによる検査を受けなければならないとする通達が出されました。

 

Venezuela

  • エボラウィルス感染国から来る船舶は、錨泊地でHealth Authorityによる検査を受けなければならず、その後Health Authorityが船舶を隔離ゾーンに行かせるか着桟を許可するか決定します。

  • 同国でのチクングニアウィルス感染について注意喚起がなされています。

 

なお、本件に関連しこれまで以下のJapan P&I Newsを発行しておりますのであわせてご参照下さい。


  • No.677 (201481日付)    - (エボラウィルスに関する一般情報)
  • No.678 (2014814日付)  - (Abidjanの措置)
  • No.679 (2014818日付)  - (Nigeriaの措置)
  • No.680 (2014819日付)  - (AbidjanGabonNigeriaの措置)
  • No.681 (2014819日付)  - (POEAによるフィリピン人船員向けガイドライン)
  • No.682 (2014821日付)  - (西アフリカ諸国の状況)
  • No.683 (2014825日付)  - (西アフリカ諸国の状況-続報)
  • No.684 (2014827日付)  - (River Plate, ArgentinaにおけるPilotの措置)
  • No.685 (2014828日付)  - (西アフリカ諸国の状況- 続報)
  • No.687 (201491日付)    - (Chittagongの措置)
  • No.689 (201495日付)    - (西アフリカ諸国の状況-続報)
  • No.690 (201498日付)    - (西アフリカ諸国の状況-続報)
  • No.691 (2014911日付)  - (西アフリカ諸国の対応措置取り纏め地図)
  • No.692 (2014911日付)  - (南米諸国の対応)
  • No.693 (2014916日付)  - (西アフリカ諸国の状況-続報)
  • No.694 (2014916日付)  - (中国諸港における対応措置)
  • No.697 (2014924日付)  - (西アフリカ措置及び状況取り纏め)

 

以上

 

日本船主責任相互保険組合

 

添付:SAPICサーキュラー及び当組合試訳

 



14:28