トップ > 関連 Japan P&I News

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

関連Japan P&I News

 
関連 Japan P&I News >> 記事詳細

2014/07/10

No.674 ウクライナによるクリミア港湾閉鎖について

| by:契約総括部編集用

印刷用:No.674 (J).pdf

No.674

2014年7月10日

 

ウクライナによるクリミア港湾閉鎖について

 

ウクライナのコレスポンデンツDias Marine Consulting P.C.より添付のサーキュラーを受領しましたのでご参考に供します。

 

ウクライナ国土省は2014616日に「海港閉鎖」に関する指令第255を発行し、同指令第1条でウクライナはクリミア自治共和国領域内港湾を閉鎖するとしています。当該指令は2014624日付で同国法務省に承認されており、2014715日付で官報に掲載される予定であり、掲載され次第効力を有することになります。

 

閉鎖対象となる港湾は、KerchTheodosiaSevastopolYaltaEvpatoria5港で、指令が発効するとこれらの港に寄港することはウクライナ法上禁止されます。

 

現在、ウクライナはクリミア半島におけるコントロールを失っているので、上記クリミア諸港に寄港する船舶に対して何らかの措置を取ることは困難と考えられますが、クリミア諸港に寄港後にウクライナ諸港に寄港する場合、ウクライナ諸港への寄港が認められなかったり、過怠金や船員拘束等の措置が科される可能性があります。

 

クリミア/ウクライナに寄港予定がある場合には、最新状況を現地にご確認頂き、不要なトラブルに巻き込まれることのないよう十分にご注意下さい。

 

以上

 

日本船主責任相互保険組合 


添付ファイル:No.674 Attachment.pdf


14:39