トップ > P&I 特別回報

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

P&I 特別回報

 
P&I 特別回報 >> 記事詳細

2013/10/03

第13-010号 米国Non-Tank Vessels Response Plans(油濁事故対応計画書)

| by:企画部編集用

印刷用:No.13-010(J).pdf

13-010

2013103

 外航組合員各位


米国Non-Tank Vessels Response Plans

(油濁事故対応計画書)


Non-Tank Vessel Response Plansに関する最終規則が、2013年9月30日付 Federal Register  Vol.78,No.189にて発行されました。

 

Non-Tank Vesselの船主は2014年1月30日までにCoast GuardへVessel Response Planを提出することが必要になります。

 

Vessel Response Plan作成に関して、Non-Tank Vesselとは、自航能力を有する400総トン以上の非タンカー船で、主機用燃料として油を積載し、米国水域を運航する船舶とされています。

 

また、Non-Tank Vesselの船主は救助業者及び海上消火資材提供業者とFunding Agreementsを締結する必要があります。Funding Agreementsについては、Vessel Response Planに関する国際P&Iグループのガイドラインに沿ったものかどうか見直しされる予定です。

 

Final Ruleは現在国際P&Iグループによる確認作業中であり、追って更なるご案内をさせて頂く予定です。

 

国際P&Iグループのすべてのクラブが同様の内容の回章を発行しています。

以上

 




14:49