トップ > 関連 Japan P&I News

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

関連Japan P&I News

 
関連 Japan P&I News >> 記事詳細

2013/09/30

No.647 チリ – アジア型マイマイガに関する検疫要件の制定

| by:企画部編集用

印刷用:No.647(J).pdf

No.647

2013年9月30日

 

チリ - アジア型マイマイガに関する検疫要件の制定


チリにおける、アジア型マイマイガ(AGM)の発生地域に寄港した船舶に対する検疫要件の制定に関して、チリのコレスポンデンツCave & Cia. Ltda.より英訳された決議文書を受領しましたので、当組合の試訳とともにご案内申し上げます。

チリにおけるアジア型マイマイガの侵入及び蔓延を防ぐため、チリのAgricultural & Livestock Service (SAG:農業牧畜庁)は、アジア型マイマイガの発生地域に寄港した船舶に対する検疫要件を制定しました。同決議に関する官報の発行は2013年8月、発効はこの6か月後となる2014年2月であり、2013年8月以降にAGM発生地域に寄港していた船舶に対して適用されるとのことです。

以上

 

日本船主責任相互保険組合

ロスプリベンション推進部

Tel:       +81 3 3662 7229

Fax:      +81 3 3662 7107

E-mail:   lossprevention-dpt@piclub.or.jp

 

添付ファイル(日本語試訳):No.647 attachment(J).pdf

添付ファイル(英訳):No.647 attachment(E).pdf


13:48