トップ > P&I 特別回報

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

P&I 特別回報

 
P&I 特別回報 >> 記事詳細

2013/06/12

第13-004号 第581回理事会結果のご報告

| by:企画部 承認用
印刷用:No.13-004(J).pdf

第13-004号

2013年6月12日

組合員各位

 

第581回理事会結果のご報告

 

2013年6月12日(水)12時00分より海運クラブ(東京都千代田区)において、当組合第581回理事会が開催されましたので、下記のとおり主要な決議内容をご報告申し上げます。

 

 

1. 第63期組合員通常総会招集の件

 

第63期組合員通常総会を2013年7月22日(月)11時20分より海運クラブ(東京都千代田区)において開催することが決議されました。

 

2. 第63期組合員通常総会に付議すべき議案決定の件

 

下記の議案を総会に付議することが決議されました。

報告事項:

第63期(平成24年4月1日から平成25年3月31日まで)事業報告の内容報告の件

決議事項:

 

第1号議案

第63期(平成24年4月1日から平成25年3月31日まで)財産目録、貸借対照表、損益計算書及び剰余金処分案承認の件

第2号議案

定款記載事項一部変更の件

第3号議案

事業方法書記載事項一部変更の件

第4号議案

役員選任の件

第5号議案

退任役員に対する慰労金贈呈の件

第6号議案

本総会決議事項の取扱いに関する理事会への権限付与の件

 

各総会議案の内容につきましては、組合員各位宛別途郵送予定の、第63期組合員通常総会招集ご通知、及び同通知に同封されます資料をご参照下さいますようお願い申し上げます。

 

なお、総会決議を予定しております2012年度決算案について簡単にご説明いたします。

期末に向け円高修正が進んだことから、正味収入保険料及び正味支払保険金とも前期と比べ大きく増加いたしました。ただし、為替の影響を除いた実質ベースではクレームが減少したこと、及び運用収益が増加したことなどが貢献し、国際P&Iグループ(IG)キャプティブ再保険者への損失引当金5.6億円を計上したものの、当期の経常剰余金は3.1億円、税引き後の当期純剰余は2.1億円となりました。その結果、新財務計画上のリザーブ金額は、当期純剰余2.1億円、異常危険準備金繰入5.7億円に株式等評価差額金の増加分3.3億円を加え、合計して対前期比11.0億円増の148.2億円となり、初年度の計画目標を大きく上回るリザーブを積み増すことができました。

 

ここに改めて組合員の皆様の安全運航へのご努力と、当組合のロスプリベンション活動へのご理解・ご協力に対して、厚く御礼申し上げます。

 

3. 2013年度事業計画案ならびに予算案の件

 

新中期運営計画(JPIs CHANGE)の2年目として、良質な契約量の拡大(計画目標は2014年度末に加入トン数1億トンの達成)に重点を置いた事業計画案と、下記4.の新財務計画に基づくリザーブ積立を目標とする予算案が承認されました。

 

4. 新財務計画検証の件

 

「正味収入保険料の1年分に相当する金額をリザーブとして積み立てる」との新財務計画の基本方針は変更せず、前提条件である為替レートを修正し、2013~2016年度の積立目標額など、計画達成スケジュールを一部見直すことが承認されました。

 

5. 保険契約規定一部変更の件

 

2013年8月20日より発効する海事労働条約(MLC)における船主に対する金銭的保証要求への対応として、MLC発効日より保険契約規定第19条(船員に関する責任及び費用)の一部を改定することが承認されました。

 

本改定の背景については、2013年3月6日付P&I特別回報12-30「2006年海事労働条約(MLC)の発効」及び同年5月23日付P&I特別回報13-001「2006年海事労働条約(MLC)の発効(その2)」をご参照願います。

 

以上




16:03