トップ > 契約について > 各種申請 > COFR(米国賠償資力証明書)の申請

JPIメールマガジン

ホームページでご提供している海事関連条約、法律等の動き、国内外のトピックス、最新判例などの情報をメールマガジンとしてお届けします!

COFR(米国賠償資力証明書)の申請

Oil Pollution Act of 1990(1990年米国油濁法、OPA90)第1016条(Financial Responsibility)の規定により、米国水域を航行する300総トン数以上の船舶は、U.S. Coast Guard‐National Pollution Funds Centerが発行する賠償資力証明書(Certificate of Financial Responsibility、 COFR)を取得し、これを本船に保持しなければなりません。

COFRを取得するにあたり、船舶所有者もしくは運航者がSIGCo、Shoreline、ARVAK等の賠償資力保証提供者(Guarantor)と保証契約を締結される場合は、加入船舶のP&I保険契約付保確認書等の3種類の書類(3 Letters)が必要となります。ご連絡を頂き次第、当組合から3 Lettersを発行いたします。

詳細については当組合の契約窓口までお問い合せ下さい。